20歳前障害基礎年金

国年26-9

 被保険者でなかった19歳の時に初めて医療機関
で診察を受け、うつ病と診断され継続して治療して
いる現在25歳の者は、20歳に達した日の障害状
態が障害等級1級又は2級に該当していれば、その
日に20際前傷病による障害基礎年金の受給権が
発生する。
 

■■解説■■

 ブログの更新がしばらく滞っていたのは、ひとえ
に年度更新と算定基礎の奴らが攻めてきたせい
です。

 なんとかやっつけましたので、心晴れやかに久々
の更新ですhappy01。 

続きを読む "20歳前障害基礎年金" »

老齢基礎年金の支給繰上げ

国年26-1

 支給繰上げした場合の減額率について、昭和26年
4月1日以前に生まれた者の減額率は年単位、昭和
26年4月2日以後に生まれた者の減額率は月単位
になっている。

■■解説■■

 老齢基礎年金の支給繰上げに係る減額率は、

       1月あたり1,000分の5

 これはもうみなさんご存じのところだと思いますが、
違う仕組みの人たちがいるというのが本問の訊いて
いるところです。

続きを読む "老齢基礎年金の支給繰上げ" »

被保険者に対する情報の提供

国年26-8
 
 いわゆる「ねんきん定期便」について、通常は、
これまでの年金加入期間、保険料納付額等の
内容が「はがき」に記載されて送られてくるが、
これらの内容に加え、これまでの加入履歴、
国民年金保険料の納付状況など詳細に記載
された「封書」が送られる被保険者の節目の
年齢は、40歳、50歳、58歳である。 

■■解説■■

 「ねんきん定期便」からの問題ですが、ハガキ
や封書のねんきん定期便と共に、「ねんきんネッ
ト」というものもあります。

 http://www.nenkin.go.jp/n/www/n_net/

 いずれ、全てネットで確認という形になるので
しょうか。

続きを読む "被保険者に対する情報の提供" »

国民年金の給付

国年26-3
 
 国民年金は、国民の老齢、障害又は死亡に
関して必要な保険給付を行うものとされ、国民
年金法に基づくすべての給付は保険原理に
より行われる。 

■■解説■■

 国民年金は「国民年金法」なのに、

 厚生年金は「厚生年金【保険】法」。

 今日は、そういう話です。

続きを読む "国民年金の給付" »

国民年金基金

国年25-3
 
 第1号被保険者は、国民年金基金に対し加入員と
なる申出をした日に当該加入員の資格を取得し、
加入員資格の喪失の申出が受理された日にその加入
員の資格を喪失する。

■■解説■■

 国民年金基金加入員資格の取得と喪失からの出題
です。

続きを読む "国民年金基金" »

支給の繰下げ

国年24-8
 寡婦年金の受給権者であった者は、老齢
基礎年金の繰下げ支給を受けることはでき
ない。
 

■■解説■■

 老齢基礎年金の支給繰下げをすることが
できない場合がありました。

    65歳に達したときに

又は

  65歳に達した日から66歳に達した
  日までの間に

 他の年金給付(付加年金を除く)の受
給権者であった(受給権者となった)場
合です。

続きを読む "支給の繰下げ" »

老齢基礎年金

国年24-1
 国民年金の保険料納付済期間とされた厚生年金
保険の第三種被保険者(坑内員又は船員)期間に
ついては、その期間に3分の4を乗じて得た期間を
保険料納付済期間として、老齢基礎年金の額が
計算される。

■■解説■■

 第三種被保険者であった期間の特例です。

続きを読む "老齢基礎年金" »

申出による支給停止(国年)

国年24-8
 受給権者の申出による年金給付の支給
停止は、いつでも撤回することができ、
過去に遡って給付を受けることができる。

■■解説■■

 受給権者自らが自分の年金に支給停止
をかけることができるという規定です。

続きを読む "申出による支給停止(国年)" »

第3号被保険者

国年24-5
 第2号被保険者の被扶養配偶者と認められる
場合であっても、20歳以上の大学生は、第3号
被保険者ではなく第1号被保険者としての適用
を受け、学生の保険料納付特例の対象になる。

■■解説■■

 昨年の問題ですが、平成15年にも同じよう
な問題が出題されています。

続きを読む "第3号被保険者" »

遺族基礎年金

国年22-10
 死亡日に被保険者であって、保険料納付要件を
満たしていても、被保険者が日本国内に住所を有
していなければ、遺族基礎年金は支給されない。

■■解説■■

 以前勉強した労災とか雇用とか覚えていますか。

 毎日複数科目に触れてください。5分でも10分
でも構いませんので、以前勉強した科目を思い出す
時間を作りましょう。

 完全に忘れてしまうと、またやり直すのは大変です。

続きを読む "遺族基礎年金" »

より以前の記事一覧