« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

加給年金額加算の要件

厚年26-5

 昭和24年4月2日生まれの在職老齢年金を受給
している妻が65歳に達した時点で、厚生年金保険
の被保険者期間(第4種被保険者期間又は船員任意
継続被保険者期間でない)が35歳に達した日の属
する月以後のみで18年となった場合、加給年金額
の対象となる夫がいれば、加給年金額が加算される
こととなる。

■■解説■■

 この問題が少しわかりにくいのは、通常登場する
例と異なり、

 妻がサラリーマン期間が長く、夫は短い(ない)

事例であるということです。

 通常は、

 夫がサラリーマン期間が長く、妻が専業主婦

といった事例で話をされることがほとんどですの
で、そこをまず頭を切り換えてください。

続きを読む "加給年金額加算の要件" »

延長給付の支給制限

雇用26-7

 全国延長給付を受けている受給資格者が、正当な
理由がなく公共職業安定所長の指示した公共職業訓
練等を受けることを拒んだときであっても、当該拒んだ
日の翌日から起算して1か月を経過した日から基本
手当が支給される。

■■解説■■

 延長給付の給付制限の基本は、

       以後支給しない

です。

 延長給付は、いわば「おまけ」として支給されてい
るものですから、少しでも悪いこと(紹介拒否など)
をするとすぐに支給されなくなる。

 こうおぼえておくと、わかりやすいでしょう。

続きを読む "延長給付の支給制限" »

老齢基礎年金の支給繰上げ

国年26-1

 支給繰上げした場合の減額率について、昭和26年
4月1日以前に生まれた者の減額率は年単位、昭和
26年4月2日以後に生まれた者の減額率は月単位
になっている。

■■解説■■

 老齢基礎年金の支給繰上げに係る減額率は、

       1月あたり1,000分の5

 これはもうみなさんご存じのところだと思いますが、
違う仕組みの人たちがいるというのが本問の訊いて
いるところです。

続きを読む "老齢基礎年金の支給繰上げ" »

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »