« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

国民年金基金

国年25-3
 
 第1号被保険者は、国民年金基金に対し加入員と
なる申出をした日に当該加入員の資格を取得し、
加入員資格の喪失の申出が受理された日にその加入
員の資格を喪失する。

■■解説■■

 国民年金基金加入員資格の取得と喪失からの出題
です。

続きを読む "国民年金基金" »

年金の内払(労災)

労災25-3

 同一の業務上の事由又は通勤による負傷又は疾病
に関し、年金たる保険給付(遺族補償年金及び遺族
年金を除く。以下「乙年金」という)を受ける権利を有
する労働者が他の年金たる保険給付(遺族補償年金
及び遺族年金を除く。以下「甲年金」という)を受ける
権利を有することとなり、かつ、乙年金を受ける権利
が消滅した場合において、その消滅した月の翌月
以後の分として乙年金が支払われたときは、その
支払われた乙年金は、甲年金の内払とみなす。

■■解説■■

 初学クラスの方は、新しい科目である労働一般に
入りました。

 年明けからは、1月から4月までの4か月で

 労災保険法、雇用保険法、徴収法、健康保険法、
 国民年金法、厚生年金保険法、社会一般

 を一気に勉強していくことになります。

 つまり、この後は1か月に2科目近いペースで
進んでいきます。

 授業を受けたつど復習をしていかないと、あっと
いう間に未復習の山が積み上がります。

 細切れ時間を見つけて、トレーニング問題集の
過去問をできる限り押さえていきましょう。

 上級クラスの方は、昨年の経験があります。

 どの時点で、どれくらい仕上がっていれば本試験
に間に合うか、自分なりにわかっているはずです。

 そのアドバンテージを十分に活かしていってくだ
さい。

続きを読む "年金の内払(労災)" »

傷病手当金

健保25-4
 
 傷病手当金は、療養のために労務に服することが
できなかった場合に支給するもので、その療養は必
ずしも保険医の診療を受けた場合のみとは限らない。

■■解説■■

 初学クラスの方はまだ健康保険法まで進んでいま
せんので、気にする必要はありません。

 上級クラスの方はいまメインで勉強している科目
以外の科目にも時々は触れて、記憶の維持に努めま
しょう。

続きを読む "傷病手当金" »

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »