« 本試験受験お疲れさまでした | トップページ | 25年本試験選択式について »

コメントありがとうございます

 大勢の方に本試験の感想等をコメントしていただき、
ありがとうございます。

 本来ならばお一人お一人にコメントをお返ししなけ
ればならないところ、お許しください。

 

 私も日常業務の合間を見て、今年の本試験問題を
見ています。

 とりあえず、ひとことだけ。

 選択労災。あれを知識で全部解ける人っているの?pout


 引き続き、みなさんのコメントをお寄せください。

 近日中に、各科目についての私の感想を書きます。

« 本試験受験お疲れさまでした | トップページ | 25年本試験選択式について »

コメント

先生、今年もありがとうございました。

先生の大吉おみくじをスマホの壁紙にして、
最後の追い込みをしましたが、力及びません
でした。

今年で、お試しで受けた速習コース以来4年目
になります。

本試験の自己採点結果は、
択一48点(足切りなし)
選択26点(雇用2点、社一1点で足切り)
でした。

今年は、基礎固めを目標に、再受験でしたが、
初学コースで、じっくりと勉強したおかげで、
初めて合格ラインに近いところまでくることが
出来ました。

しかし、あれだけ先生から最後の授業で、
・書き直さない。
・選択で迷ったらダブルマーク。
と、アドバイスを受けていたにも関わらず、
書き直してバツ、ダブルマークすることを
すっかり忘れて勝負に出て負けるという結果でした。

選択で書き直しがなければ、雇用は足切りなし、
社一も2点で救済の可能性があったのですが、
これも実力。

最後に不安になるのは、やはり、自分の知識に
自信がないからだと思います。

本試験の独特な緊張感の中で、正しい答えを
出せるかどうかは実力があっての「運」だと、
思い知らされました。

これまでは、試験後すぐ再チャレンジを決めて
ましたが、今回は、9月中ゆっくり考えてから、
決めたいと思います。

また、チャレンジする際は、
先生、よろしくお願いします!

この1年、ありがとうございました。

岩田さんの投稿をみて、午前中の分をきちんとマークしたかものすごく不安になっております。番号だけ書いてmarkしなかったんじゃないかとか。全然記憶が思い起こせません。

実際にマークされていない答案を見かけられたんでしょうか?

やまねこ先生ご無沙汰しております。
受験生の皆さんお疲れ様でした。

平成23年合格・平成25年3月社労士登録の岩田健一と申します。

今年は名城大学で試験監督として参加していました。
2年前自分が受けた頃を思い出しました。

今にして思えばよく受かったなと思います。
皆さんがお感じのように、選択式ははっきりいって「運」です。
最後まで諦めずに頑張った者にだけに与えられるご褒美だと思います。

ここにコメントするような受験生はみな頑張った人ばかりだと思います。
発表があるまで諦めないで下さい。

私も社一が2点で諦めていましたが、救済により救われました。
やりきった方は発表があるまで諦めないで下さい。

追伸
来年受ける方へ
少なくとも受験番号のマークミスはないようにしっかり確認してください。
せっかく合格点でもすべてが水の泡ですから。

みなさん、本試験お疲れ様でした!
やまねこ先生には月木夜の授業でお世話になった者です。
ちょっと落ち着いてきたので、私もコメントさせて頂きます。
まず結果的には

択一51(足なし)
選択29(労災2他足なし)

でした(ノ∀`)
足くらった奴のが参考になるかはわかりませんが
以下選択労災回答時の私の思考パターン
======================================
Aは「労災だから全労働者対象だし、全労働者だろう」×
Bは「わからん!やまかんで10だ」×
Cは「文章全体が最低限度額の話だから、ここは【最も低い】で間違いないと思う」〇
Dは最初「階層別に区分するっていってるし、1つの階層をブロックごとに区切るとその境目は【最も高い】ところか」と直感で思ったものの、最後の最後に安全策のつもりでCとのダブルマーク(最も低い)にしてしまい×
Eは「給付基礎【日額】だし、これは間違いなく30だろう」〇
======================================
今になって冷静に考えれば、Aなんか特に日雇労働者の給付基礎日額(平均賃金)は原則の計算式とは別で出してますし、常用労働者が導き出せて然るべきだったのでしょうね。
Dは、「統計をとる時は下(上)から二番目の数字をよく使うな~・・・CがそうなるとDが最も低いになってもおかしくはないな」と、土壇場で余計な事を思い出したのがアダになりました。考えすぎるのもよくないと言うことですね、出題者の策略にまんまとハマリました。
Dを変えてなければな~と、夜中に布団の中で1人悶えてますw

まぁ、いくら悔やんでも時間は戻りませんし、11月の発表までは年金アドバイサーの勉強でもして知識の維持を図りつつ、ノンビリ過ごそうかなと思ってます。

最後に、1年間もの長い期間苦しい勉強に堪え、壮絶な本試験を戦われた皆様、ほんっとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに
お疲れ様でした!試験勉強に協力して下さった周りの方々に感謝するのはもちろんですが、今はご自身を一番労わる時ではないかなと思います。
お粗末な文章で恐縮ですが、これにて失礼致します。

皆様おつかれさまでした。今まで、見ていただけですが、気持が苦しすぎて、初めて、コメント書きます。
いつもは、平日出席ですが、振替出席で日曜にやまねこ先生にお世話になっておりました。
2年目の挑戦でした。今年も自分なりに精一杯。まさに精一杯、頑張ったつもりでした。
しかし、選択の労災のみにやられました。1点確保のみ・・・・
改めて、自分が試験の神に見放されていると感じました。

ショックすぎて、来年のことは考えられておりません。
救済を信じるのみですが、2点救済っぽいですよね。
あんな問題わかる訳ないっ 俺はクイズミリオネアに出てるんじゃない!!
って自己採点していて心の底から叫びました。

この理不尽を乗り越えられた者のみが社労士なんですね。

なんか、この試験って何なんだろうってここ数日考えています。

受験された方、お疲れさまでした。
3年前に合格した者です。
労災選択は、大変難しい問題ですね。
自分は、はじめ解答速報を見てから、問題を推測していました。
休業給付基礎日額の最低・最高限度額からの出題と分かりましたが、問題を見たときには、A:一般労働者かなと思ったけど、回答群にない。
B:は、まったく覚えがない。Cは問題から、最も低いが選べる。Dは、分からず。Eは、月額から日額への換算だから30が入ることはわかった。
○原、IDEのテキストには、乗っていないようだが、Tome塾には、解説があり、
はたして、3問解けた人がどれだけいたのか?
ちなみに、条文は、労災保険法施行規則からのようです。

平成4年と平成8年の択一にも最低限度額・最高限度額の問題が出ているようであるが、具体的にどのように出ているかまでは、確認していない。
何にしても、最低でも2つは、回答できるように思える飲んだいだと、個人的には思っているが、はたして皆さんはどうだったのか?

(最低限度額及び最高限度額の算定方法等)

第九条の四 法第八条の二第二項第一号の厚生労働大臣が定める額(以下この条において「最低限度額」という。)は、厚生労働省において作成する賃金構造基本統計(以下この項及び第七項において「賃金構造基本統計」という。)の常用労働者(賃金構造基本統計調査規則(昭和三十九年労働省令第八号)第四条第一項に規定する事業所(国又は地方公共団体の事業所以外の事業所に限る。)に雇用される常用労働者をいう。以下この項及び第四項において「常用労働者」という。)について、前条に規定する年齢階層(以下この条において「年齢階層」という。)ごとに求めた次の各号に掲げる額の合算額を、賃金構造基本統計を作成するための調査の行われた月の属する年度における被災労働者(年金たる保険給付(遺族補償年金又は遺族年金を除く。)を受けるべき労働者及び遺族補償年金又は遺族年金を支給すべき事由に係る労働者をいう。以下この項において同じ。)の数で除して得た額(その額に一円未満の端数があるときは、これを一円に切り上げる。)とする。

一 当該年齢階層に属する常用労働者であつて男性である者(以下この号において「男性労働者」という。)を、その受けている賃金構造基本統計の調査の結果による一月当たりのきまつて支給する現金給与額(以下この条において「賃金月額」という。)の高低に従い、二十の階層に区分し、その区分された階層のうち最も低い賃金月額に係る階層に属する男性労働者の受けている賃金月額のうち最も高いものを三十で除して得た額に、被災労働者であつて男性である者の数を乗じて得た額

二 前号中「男性である者」とあるのは「女性である者」と、「男性労働者」とあるのは「女性労働者」として、同号の規定の例により算定して得た額

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/58077133

この記事へのトラックバック一覧です: コメントありがとうございます:

« 本試験受験お疲れさまでした | トップページ | 25年本試験選択式について »