« 積み残しの法改正(4) | トップページ | 今期の授業すべて終了しました »

積み残しの法改正(5)

 途切れ途切れですが続けていきます。

-----------------------

 社会一般の中で、確定拠出年金法の改正です。

 企業型年金における掛金は事業主しか拠出
することができなかったのですが、加入者も
事業主と併せて拠出することができるように
なりました。

 「マッチング拠出の解禁」と言われるものです。

-----------------------

 ただし、加入者が拠出する掛金については、
以下の2つの決まりがあります。

one 事業主掛金の額と加入者掛金の額の合計
 額は、上限額(拠出限度額)を超えてはならない。

  拠出限度額は、1か月当たり51,000円
 ないしは25,500円と定められています。

two 加入者掛金の額が、事業主掛金の額を超え
 てはならない。

  例えば上限51,000円とした場合、

  事業主掛金が30,000円とすると、
  加入者掛金の上限は21,000円ですが、

  事業主掛金が20,000円とすると、
  加入者掛金の上限も20,000円となり
  31,000円でにはなりません。

-----------------------

 新聞等にも載るほど話題になりましたが、昨年
の試験では出題されていません。

 今年要注意です。

« 積み残しの法改正(4) | トップページ | 今期の授業すべて終了しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/57845148

この記事へのトラックバック一覧です: 積み残しの法改正(5):

« 積み残しの法改正(4) | トップページ | 今期の授業すべて終了しました »