« 報酬(健保) | トップページ | 申出による支給停止(国年) »

休業給付

労災24-2
 休業給付が支給されない休業の初日から
第3日目までの待期期間について、事業主
は労働基準法に基づく休業補償の義務を
負わない。

■■解説■■

 この問題は、試験直後に非常に多くの
質問を受けた問題です。 

-----------------------

 労働基準法の条文を見てみます。

第84条第1項
 この法律に規定する災害補償の事由に
ついて、労働者災害補償保険法(略)に
基づいてこの法律の災害補償に相当する
給付が行われるべきものである場合にお
いては、使用者は、補償の責を免れる。

 簡単に言ってしまえば、労災から災害
補償が行われるときは、使用者自身は労
働基準法に基づく補償はしなくていいよ
という意味です。

 ということは、本問でも、労災から休業
給付が支給される4日目以降は災害補
償をしなくてもいいけど、労災から休業
給付が支給されない最初の3日間は、
使用者は災害補償をしなくてはいけない
のではないでしょうか。

-----------------------

 しかし、ここでよくよく考えてみます。

 労働基準法の災害補償は

       業務災害

だけを対象にしていました。

 ということは、本問の通勤災害は、そも
そも使用者が災害補償責任を負わない
ものであるということになります。

 本問が「休業給付」ではなく、「休業
補償給付」となっていたならば、本問は
☓です。

 しかし、通勤災害である本問では○と
いうことになるわけです。

-----------------------

本問の答え>○ 

« 報酬(健保) | トップページ | 申出による支給停止(国年) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/57029887

この記事へのトラックバック一覧です: 休業給付:

« 報酬(健保) | トップページ | 申出による支給停止(国年) »