« ごめんなさい | トップページ | 合格体験記(6) »

合格体験記(5)

 合格体験記を書いてくださった合格者の方
は、本日までで11人いらっしゃいます。

 来年2月上旬まで、毎週お一人ずつご紹介
していきます。

 「私も書いてみようかな」という合格者の方、
まだまだ募集しています。

 合格方法は、100人いれば100通り。

 後進のために、貴重な経験をお聞かせ
いただけませんか。

-----------------------

 今回の合格体験記は、FUJIさん(会社員
(ここ5年ほど人事を担当)・57歳・男性)
です。

-----------------------

* 受験回数

 4回

-----------------------

* 学習方法

 1年目 独学(市販の基本書+過去問題集)   
   
 2年目 大原(入門完全合格コース)       

 3年目 大原(上級コース)      

 4年目 大原(上級コース)      
       
 1年目何も分からず、受験し惨敗。

 それをきっかけに通学を決意しました。
   
 
-----------------------

* 使用教材

 大原の教材      

 合格のツボ 選択対策 TAC

-----------------------

* 学習時間と勉強方法

 平日 朝30分~1時間        
     夜1時間~2時間
      
 休日 8時間位

 平日は朝6時半に家を出て、夜7時半に帰宅
するというパターン。
      
 家では大原のテキスト+択一式トレ問、
外では選択式対策をしていました。      

<択一式の勉強法>
      
 授業までに1回転、定例試験までに2回転目
までするようにしていました。      

 テキストをもらったら、前年度のテキストとの
相違点を確認しながら、授業で確認したい点
を書き込みながら読み進めました。

 授業を受けた後、トレ問の2回転目を行いま
したが、今年から昼休みが1時間半になったこ
とから、2回転目は、昼休みにかなり行うこと
ができました。      

 以上を「授業の回転」とするならば別に
「自分自身のペースでの回転」もやっていま
した。      
 社会保険系の教材の配布が遅くなるため、
それについては前年度のテキスト+トレ問を
使い、回転をさせていました。

 最終的には7回転位することができました。      

<選択式の勉強法>
      
 最初は大原の選択式問題集を使用していま
したが、それも3年目になっており、あまり間違
えなくなってきたので、年明けからTACの
「合格のツボ」に変更しました。      

 同じ条文でも抜く場所を変えられると、正答
を出せなくなることがわかりました。
      
 右ページの解答欄を紙で隠し、できるだけ
選択肢を見ずに答えを考えました。
      
 間違ったときは答えの右側に○を書き、次回
以降できるようになったら、○を塗りつぶし、
習得状況をチェックしていました。

 1月位で1回転し、最終的に7回転しました。      
 勉強場所は電車の中、始業前の会社、その
他隙間時間です。      

 JRは快速に乗るのをやめ、各駅停車にし、
ゆっくり座って勉強できるようにしました。
      
-----------------------    

* これからのこと       
       
 あと約2年で60歳定年になります。

 そこでサラリーマン生活を卒業し、マイ
ペースででも、開業したいと考えています。
      
-----------------------

* 未だに捨てられないもの
      
(1)今年から、択一式問題集はAランクと
  Bランクに分かれました。
      
   問題を解くに当たっては巻末の進捗表を
  使っていたのですが、6枚しかないため、
  A、Bそれぞれ3回転で終わってしまい
  ます。
      
   そこで同様の表をエクセルで作り、使っ
  ていました。
      
   それが、今となっては、結構な束となって
  残っています。
      
   自分が、がんばってきた証として、処分
  できずにいます。
      
(2)最後まで覚えられないものは、テキスト
  をコピーして切り取るなどして、手帳の裏
  表紙に挟み、隙間時間に見ていました。      
 ・厚生労働省労働基準局長が「基準」を定め
  るもの(テキストのコピー)      

 ・厚生年金の定額部分の生年月日により
  異なる上限の表(テキストのコピー)      
 ・年金の併給の調整(先生のプリントのコピー)      
 ・旧年金との併給の調整(自分でまとめたもの)      
 ・国民年金の保険料改定率(テキストのコピー)
  →選択式国民年金でズバリ出ました。
      
  なかなか覚えられず苦労したことも、今と
 なっては、懐かしく思い出されます。
      
-----------------------

* その他の勉強法
       
(1)仕事上、職安と年金事務所にはよく行き
  ます。
      
   その際、職安の駐車場に着いたら10分、
  用事を済ませ駐車場に戻ってきたら10分、    

   年金事務所の駐車場に着いたら10分、
  用事を済ませたら10分、車の中で選択式
  の勉強をしていました。

   10分というのは集中力が持続する、
  ちょうどいい時間でした。      

(2)最後の追い込みの時期(本試験1か月前
  くらいから)、仕事中も勉強したいと思い
  ましたが、さすがに、仕事中にテキストや
  問題集を広げることはできず、主に先生の
  プリントを読んでいました。

   プリントであれば、何か資料を見ている
  ように、受け止められたのではないかと
  思います。      

   1科目を通して読んで、頭に入れていく
  のは、なかなか大変なことで、今日は厚生
  年金、明日は国民年金と決めて読んで
  いました。

(3)厚生労働白書はインターネットで見るこ
  とができるので、仕事中にパソコンで繰り
  返し読んでいました。
      
   本試験での出題はなかったのですが、
  各学校の模試では何回か登場し、得点
  源とすることができていました。 
    
 
-----------------------

* 今年の本試験点数

【選択式】
 労基・安衛 3点
 労災     5点
 雇用     4点
 労一     4点
 社一     3点
 健保     5点
 厚年     3点
 国年     5点

 総得点   32点


【択一式】
 労基・安衛  7点
 労災      8点
 雇用      8点
 一般常識   6点
 健保     10点
 厚年      9点
 国年      8点

 総得点    56点

« ごめんなさい | トップページ | 合格体験記(6) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/56344264

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(5):

« ごめんなさい | トップページ | 合格体験記(6) »