« 24年選択式について | トップページ | 大原会セミナー及び懇親会のご案内 »

24年択一式について

 今年の択一式試験について、私の思うところ
を書きます。

 なお、名古屋地区では、

 9月2日(日)11時から大原にて

 9月1日(土)14時からTACにて

無料の合格ライン予想会・解答解説会が行われ
ますので、興味がある方は参加されてはいかが
でしょうか。

 なんでもタダで使えるものはどんどん活用しま
しょう(デパ地下の試食と同じ)。

 ただ、合格基準についての本当のところは、
発表日にふたを開けてみるまで誰にもわかり
ませんので、誰がなんと言おうと参考程度に
聞いておくのが無難です。

----------------------- 

 まず、全体的に見ると、安衛や労一にテキストに
掲載されていないため解きにくい問題が一部ある
ものの、難易度はそれほど高くなく、資格学校の
模試と同レベルな問題であると思われます。

 また、資格学校の解答速報を見ても答えが割れ
ているようなところはほとんどなく、また没問もあり
ません。

 近年没問やら複数解答やらが毎年の恒例行事
のようにあったことからすると、やっと本試験も
まともになりました。

----------------------- 

では、科目ごとに見ていきます。

 できて欲しい問題を◎、難しめの問題を△、
その中間を○で表していきます。

[労基・安衛]

 安衛の問8、9以外は、基本的な問題が多か
ったと思います。

 問9の第二種衛生管理者免許ではダメな業種
は近年ほとんど出題がなかったのですが、私の
授業内で配布したプリントには掲載しておきま
したので、もしかしたらできた方もいらっしゃっる
かもしれません。

1◎ 2◎ 3○ 4◎ 5◎ 6○ 7◎ 8△
9△ 10○

----------------------- 

[労災・徴収]

 問5は「??」な問題ですが、これはできなく
てもよい問題かと思います。

1◎ 2◎ 3◎ 4○ 5△ 6△ 7○ 8○
9○ 10○


-----------------------

[雇用・徴収]

 意外と言っては失礼かもしれませんが、択一は
雇用で苦戦された方が多くいらっしゃるようです。

 問6日雇の特例給付については、23年に選択で
出題された同じ箇所が18年に択一で出題されてい
て、近年ではほぼここしか訊かれていなかったの
ですが、今回別の部分を訊く問題が出題されました。
そこで、これは△としました。

 問7の正解肢Aは、一瞬何を言いたいのかよく
わからない文章です。「人」の代理人ってなんだよ?
って感じですね。

1◎ 2◎ 3○ 4◎ 5◎ 6△ 7△ 8○
9◎ 10◎


 
-----------------------

[一般常識]

 前半の労一は、5問中3問が白書統計の問題
でした。

 近年この傾向がずっと続いていますが、膨大な
量の白書統計対策をして、これらの問題に備える
ことにどれほどの意味があるのか。

 私は、ここ何年もずっとそう思っています。

 講師の立場ではなく、自分が受験生の立場だっ
たら、白書統計は基本事項以外たぶん捨てます。

 こんな「どこがでるかわからないのに、量だけ
はやたらある」ところ、はっきりいって全部やって
られないし、あまりに労多くして実が少ないからです。

 その分、労一の法令(今年でいえば問1、2)と
社一で点数を稼いで、択一足切りだけはなんと
しても免れる。

 自分なら、こういう作戦で行きます。

 幸い、今年もそうですが、社一は普通の問題が
多いんですよね。だから、こういう作戦は十分可
能であると思っています。

 ただし、講師の立場でこんなこと公式には言え
ませんので。まあ、こういうことですhappy01downwardleft

danger免責事項
 記事に記載された内容は、情報の提供のみを
目的としています。したがって、これを用いた
運用は、必ずお客さまご自身の責任と判断によ
り行ってください。
 これらの情報の運用の結果発生した損害等に
つきましては、保証は一切いたしかねますので
ご了承ください。

1○ 2△ 3△ 4△ 5○ 6◎ 7◎ 8◎
9◎ 10○

-----------------------

[健保]

 労働科目に比べると、社会保険科目にはほとんど
難問が見られません。

 
1◎ 2○ 3◎ 4○ 5○ 6◎ 7◎ 8◎
9◎ 10◎


-----------------------

[厚年]

 厚生年金も、数年前までのような難問は、出題
されなくなってしまいました。

1○ 2◎ 3◎ 4○ 5◎ 6○ 7○ 8○
9◎ 10◎

-----------------------

[国年]

 特に、コメントはありません。

 
1○ 2○ 3◎ 4○ 5◎ 6◎ 7◎ 8◎
9○ 10◎

-----------------------

 そうすると、◎36問、○25問、△9問となり
ます。

 ◎問題は9割はできて欲しいので、
 36×0.9≒32点

 ○問題は半分として、      
 25×0.5≒13点

 △問題は正解率2割として、
 9×0.2≒2点

 合計して、47点。

 とすると、

      択一46~48点

      選択25~26点
      (社一2点救済)

 こんな辺りかと、予想してみました。

 これはあくまでも私の個人的な予想です。

-----------------------

 みなさんからお寄せいただいたコメントについ
ては、本来お一人お一人にお返事をしなければ
いけないところ、失礼しています。

 ご質問いただいた点についてだけ。

 こうたろうさん

 社労士試験では、択一・選択とも、合格点や
いわゆる救済科目をどのように決めているのか
まったく情報は表に出てきません。

 各資格学校がいろいろな予想を立てたりしま
すが、あれも各校に集まったデータを基に推計
しているに過ぎず、当然のことながらすべての
受験者が資格学校にデータを出すわけではない
以上、あくまでもごく一部のデータを基に出し
ている予想に過ぎないことになります。

 よって、外からはその決定過程はまったく
わかりません。

 高年齢求職者給付金をもらえないと未練困るさん

 本文にも書きましたが、今年の試験で複数
解答になる部分はないと思います。

 774さん

 年金アドバイザー3級、いいと思いますよ。

 私自身は2回で社労士試験合格したのですが、
1回目不合格だった時は翌年初めまでFPの勉強
をしていました。

 「またすぐ社労士試験の勉強に戻るのも、なんか
なあ」という気持ちでした。

----------------------- 

 引き続き、みなさんの「本試験に対する感想」
をコメント欄にお寄せいただければ幸いです。

« 24年選択式について | トップページ | 大原会セミナー及び懇親会のご案内 »

コメント

ご返事ありがとうございます。

成せば成るさん

お返事が遅れましたが、おっしゃるとおり、基準点が
その点数を上回ることはありません。

やまねこ先生へ

長い間、大変お世話になりました。
5年前、1点足りず不合格になって以来「来年こそは」とチャレンジしてきましたが、『今年で大原卒業』と決めて試験に臨みました。
答え合わせはしていませんが、自信はありません。
悔いがないと言ったらうそになりますが、勉強優先から家族との時間を大切にしようと思います。

10年後くらいに孫でも産まれていたらまた、勉強できればいいなと思っています。


まだこれから勉強される方、頑張ってください。
陰ながら応援しています。

長い間、本当にお世話になりありがとうございました。

やまねこ先生、みなさま、お疲れ様です。
解答解説会に参加しました。
厚年の選択で失敗して、ショック過ぎて全体の解答を自分で見られずにいたので、このような会に参加することで、今の自分の現状を受け止めることができました。ご案内をどうもありがとうございました。今は、できれば再挑戦したい気持ちです。

本試験結果は、択一 43点 (足切りなし)、選択 29点(社一2点足切り?)でした。

勉強を始めて2年目。
7月の最後の模試で初めて41点を取ってもまぐれだろうと思ってました。

ラスト10日の先生のブログで、まだ頑張れば点は伸びる!と励まされ、ひたすら過去問とテキスト見直し、前日は苦手な数字と各科目の費用負担をマル暗記してのぞみました。
今回の結果は、合否でみると択一の合計点不足と選択足切りで、ダメだろうと思います。
でも、先生がいつも「本番で出来れば良い」と言われていたように、今回の本試験で自己ベストを出すことができ、不思議なことにダメでも手応えを感じる事が出来ました。

正直悔しいこともたくさんあります。
組み合わせ問題で正しい組合せを選ぶところで間違えて誤りの組合せを選んだり、最後に悩んで直したらバツだった問題2問。これがなければ合格ラインに入れたかもしれませんが、最後の頑張りが結果に反映され、さらに、今さらですが、この試験のポイントが分かってきた所だったので、ここで辞めるわけにはいかないと、また1年頑張りたいと思います。

やまねこ先生、この1年お世話になり、 本当にありがとうございました。
そして、引き続きよろしくお願いします。

合格基準点は選択式3点、択一式4点でそれを越えることはない、でよかったでしょうか?
たまたま試験の要領を見返していたら具体的な点数の記載がなかったので、その点数を越えることもあるのか心配になってしまいました。

雇用保険が出来が悪く、
救済があって欲しい!と個人的に今切実に思っています。

毎年毎年あと数点で涙を飲んでいますが、何時になったら合格するのか?と毎年よく思います。

月曜日に出勤した時に、
周りから出来について聞かれましたが、
ハッキリ言えば選択式・択一式、自信が無いのが本音です。

始めた時期も速習で4月から出し、勉強量は昨年に比べて半分以下です。それで合格出来たら、まさにまぐれ当たりです。

では。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/55541468

この記事へのトラックバック一覧です: 24年択一式について:

« 24年選択式について | トップページ | 大原会セミナー及び懇親会のご案内 »