« 積み残しの法改正-5 | トップページ | 模試の有効活用法(1) »

積み残しの法改正-6

 今日は、労働一般のうち育児介護休業法です。

-----------------------

 育児介護休業法についても、昨年、大きな改正
がありました。

 しかし、そもそも育児介護休業法は出題実績に
乏しい法律ですので、改正があったからと言って
出題があるのかなというのは疑問に思っています。

 主な改正事項を羅列しておきます。

-----------------------

one 妻の出産後8週間以内に育児休業を取得した
  父親等について、再度の育児休業を取得でき
  ることとされた。

two 父母が共に育児休業を取得する場合、子が
  1歳2か月になるまで育児休業を取ることが
  できるようになった(パパママ育休プラス)。

three この看護休暇につき、子が2人以上いる場合
  10労働日取得することができるようになった。

four 介護休暇制度が新設された。

-----------------------

 今日まで6回にわたり積み残しの法改正を見て
きました。

 今年の法改正事項は、これから授業で見ていく
ことになります。

 ただ、当たり前ですが、

 法改正事項からだけ出題されるわけではない

ということにも注意してください。

 それ以外の、改正でもなんでもないところから
出題される問題の方が当然多いわけですから、
法改正事項ばかりに固執することなく、普段の
勉強に少しプラスする形で法改正事項を見ておい
ていただければと思います。

« 積み残しの法改正-5 | トップページ | 模試の有効活用法(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/54794419

この記事へのトラックバック一覧です: 積み残しの法改正-6:

« 積み残しの法改正-5 | トップページ | 模試の有効活用法(1) »