« 保険料の納付義務 | トップページ | 遺族基礎年金 »

戸籍事項の無料証明(労災)

労災23-7
 市町村長(特別区及び地方自治法第252条
の19第1項の指定都市においては区長とする)
は、行政庁又は保険給付を受けようとする者に
対して、当該市(特別区を含む)町村の条例で
定めるところにより、保険給付を受けようとす
る者又は遺族の戸籍に関し、無料で証明を行う
ことができる。
 

■■解説■■

 どんどん科目が進んできて、なかなか復習が
追いつかない方も多いと思います。

 今月末からのGW連休は、普段の遅れを取り
戻すよいチャンスです。

 今から計画しておきましょう(遊びの予定を
ではなく、勉強の予定をです(笑))。

-----------------------

 本問を解くうえでは、全く関係ない知識です
が、「特別区」というのは東京都の「区」のこと
です。

 東京都港区、名古屋市港区と並べると、この
2つは同じレベルにあるように見えますが、そ
うではありません。

 (東京都)港区と同じレベルにあるのは、「名
古屋市」です。

 名古屋市の「区」は単なる行政地域の区分け
に過ぎませんが、東京都の「区」というのは、
基本的に市町村と同じ権限を持っているという
ことです。

 ですから、市町村長に相当する「区長」が
選挙で選ばれますし、市町村議会に相当する
「区議会」を持っています。

-----------------------

 本問と同様の規定は、雇用保険、健康保険、
厚生年金保険にも置かれています。

 どの科目だったか忘れてしまいましたが、
以前この条文の文末を「無料で証明を行わな
ければならない」
として誤りという択一の問題
が出題されていました。

 こういうなんということもない条文というのは、
普段はあまり真剣に読むこともないのかもし
れません。

 こういう条文がそのまま択一や特に選択で
出題されると、意外と「あれ?」となってし
まいますので、直前期には、テキストに記載
されている条文については、一応隅々まで一
度は目を通しておくことをお勧めします。

-----------------------

本問の答え>○ 

« 保険料の納付義務 | トップページ | 遺族基礎年金 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/54378517

この記事へのトラックバック一覧です: 戸籍事項の無料証明(労災):

« 保険料の納付義務 | トップページ | 遺族基礎年金 »