« 戸籍事項の無料証明(労災) | トップページ | 移転費 »

遺族基礎年金

国年22-10
 死亡日に被保険者であって、保険料納付要件を
満たしていても、被保険者が日本国内に住所を有
していなければ、遺族基礎年金は支給されない。

■■解説■■

 以前勉強した労災とか雇用とか覚えていますか。

 毎日複数科目に触れてください。5分でも10分
でも構いませんので、以前勉強した科目を思い出す
時間を作りましょう。

 完全に忘れてしまうと、またやり直すのは大変です。

-----------------------

 遺族基礎年金の亡くなった人の要件からの出題
です。

 遺族基礎年金の対象となる人には、以下の4つ
のパターンがありました。

one 被保険者

two 被保険者であった者で、日本国内に住所を
  有する60歳以上65歳未満の者

three 老齢基礎年金の受給権者

four 老齢基礎年金の受給資格期間を満たして
   いる者

 本問で訊かれている「one被保険者」については、
単に死亡日に(国民年金法の)被保険者であれば
足り、「日本国内に住所を有している」必要はあり
ません。

 twoの要件と混同させる問題です。

-----------------------

 社労士試験では同じ制度や似たような制度の
中で要件を混同させる問題がよく出題されます。

 過去問で出題されている範囲については、正確
な知識が求められます。

本問の答え>× 

« 戸籍事項の無料証明(労災) | トップページ | 移転費 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/54402820

この記事へのトラックバック一覧です: 遺族基礎年金:

« 戸籍事項の無料証明(労災) | トップページ | 移転費 »