« 全国健康保険協会 | トップページ | 受給権の保護(労災) »

無料年金セミナーのお知らせ

 本日は、社労士試験合格者の方へのお知らせ
です。

-----------------------

 記録問題を契機に、年金の専門家としての
社会保険労務士の認知度が上がり、またその
能力を発揮する場も増えつつあるように思います。

 年金に限らず、社会保険労務士は実務に
よって報酬を得るわけですが、一方において、
実務の前提となる法律の知識が不可欠である
ことはいうまでもありません。

 法律知識と実務能力の両方を兼ね備えて
こそ、専門家といえるのでしょう。

-----------------------

 こうおっしゃっているのは、今回ご紹介する

      すっきり年金講座

の講師・高木隆司先生です。

 高木先生は、年金に関する数々の著作を
お持ちで、現在中日新聞において「すっきり
年金教室Q&A」を毎週連載されている、
まさに「年金の専門家」です。

-----------------------

 その高木先生が、このたび、4月より始ま
る「すっきり年金講座」の本講座に先立ち、

       無料プレセミナー

 「年金を学ぶ前に知っておきたいこと」

を開催されます。

 日時:平成24年2月26日(日)
    13:30~16:30

 会場:ウィンクあいち
    11階 中会議室 1101号室

-----------------------

 「試験勉強の時に年金は勉強したけど、それ
からは何もしていない」

とか

 「自分の今の知識では、実際の年金相談に
応じるには心もとない」

というような社労士有資格者の方、ぜひご参加
ください。

 必ず得られるものがあると思います。

 本講座に申込むかどうかを別にしても、今回
のプレセミナーは無料ですから、聴いておいて
損はありません。

 詳細は、以下のURLをクリックしていただくか、
一番下にあるPDFファイルをご覧ください。

http://nenkin.happylife.ne.jp/seminar/2011/01/post-3.html 

「nenkin24.pdf」をダウンロード

« 全国健康保険協会 | トップページ | 受給権の保護(労災) »

コメント

 オールブルーさん

 ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

 勉強時間の確保については、特に働きながら受験されている方に
とっては、永遠の課題と言ってもよいのではないかと思います。

 オールブルーさんは、授業の復習をどのようにされているので
しょうか。

 テキストをすべて覚えようとしていないでしょうか。

 初めて勉強する時から、そのような勉強法をとっているとおそ
らくいつまでたっても復習が終わらず、でも授業はどんどん進んで
いってしまう、そして最後にはどうにもならなくなってしまう、
といったことになりがちです。

 そこで、復習する際に優先順位をつけてみましょう。

 まず、必ずやらなければいけないのは過去問(トレーニング問題
集でH・・と問題番号がついているもの)です。

 その日の授業の範囲の過去問は、次の授業までに必ずつぶして
おいてください。

 時間がなければ、テキストのどこに書いてあるかを印しつける
だけでも構いません。

 過去問だけをしっかり勉強する。最初は、これで構わないと思い
ます。

 ただし、過去問だけに範囲をしぼったわけですから、これだけは
しっかりやってください。

 合格レベルにある方は、過去問と同じところを訊く問題が出題さ
れれば9割方は正解できる状態にあります。

 ですので、まずはその状態をめざしましょう。

 つまり、あまり手を広げず、過去問に集中してそれを徹底的に
やるということです。

 そうすれば、今の勉強時間でもなんとか復習が間に合っていくの
ではないでしょうか。

 もちろん、過去問学習ができた段階で時間の許す限りそれ以外の
部分にも手を広げていくことができればよいのですが。

 参考になれば、幸いです。

2012年の受験に向けて昨年5月より入門完全合格コースを受講中であります。現在完全合格コースへと移行し労基法、安衛法、労働に関する一般常識を学習してまいりました。2012年に入り労災雇用と学習しておりますが、ここにきて学習のペースを掴めずにおります。と申し上げますのも入門期は週に一度の授業であり、またカットページも多く、次の授業までに前回の内容を理解した上で次の授業を受講することが可能でありました。しかし昨年の11月以降授業が週に2日となり、かつカットページの学習が増えたためか、復習がままならないまま次の授業に参加せねばなりません。復習時間は最低でも1日2時間確保するようにしております。机に座って復習できる時間は一週間21時間程度です。もう少し増やすべきでしょうか?(択一は業務後喫茶店で、選択は帰宅の電車で行っております。)ギリギリ食らいついていくので精一杯の状況になりつつあります。労災雇用学習中の現在、労基法や安衛法の復習においては手付かの状態になってしまっております。どのような配分で学習を進めていけば良いでしょうか?何か良い方法があれば参考にさせていただきたいのでアドバイスの方よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/53838123

この記事へのトラックバック一覧です: 無料年金セミナーのお知らせ:

« 全国健康保険協会 | トップページ | 受給権の保護(労災) »