« 事例研究「遺族年金」開催のお知らせ | トップページ | 審査請求と訴訟との関係(労災) »

被扶養者に関する給付

健保23-8
 被保険者の被扶養者が指定訪問看護事業者
から指定訪問看護を受けたときは、当該被扶
養者に対して、その指定訪問看護に要した費
用について、家族訪問看護療養費が支給され
る。

■■解説■■

 いわゆる家族給付について訊く典型的な
ひっかけ問題です。 

-----------------------

 ポイントは、家族給付であっても、その保険
給付を受ける権利主体は

        被保険者

であるということです。被扶養者ではありません。

 条文はこのようになっています。

法第111条第1項
 被保険者の被扶養者が指定訪問看護事業者
から指定訪問看護を受けたときは、被保険者
に対し、その指定訪問看護に要した費用につ
いて、家族訪問看護療養費を支給する。

-----------------------

これは、家族給付といわれる

 家族療養費、家族訪問看護療養費、家族移
送費、家族埋葬料、家族出産育児一時金

すべてに共通です。すべて「被保険者に対し」
支給するとされています。

 一番わかりやすいのが、家族出産育児一時
金です。

 旦那が被保険者、奥さんが被扶養者である
場合に、奥さんが出産しました。

 この場合、家族出産育児一時金は、奥さん
ではなく旦那が、旦那の名前で請求します。

 そしてお金も奥さんの銀行口座ではなく、
旦那の銀行口座に振り込まれます。

 これが「被保険者に対して」支給するという
意味です。 

-----------------------

 同じところを訊いているのかなと思われる
選択肢が、今年の本試験では、別の問題にも
ありました。

23-5
 被保険者の被扶養者が出産したときは、家
族出産育児一時金として、その被保険者に対
して政令で定める金額を支給する。

この問題の答え>○

 まさに上に書いた例そのものです。

-----------------------

本問の答え>×

« 事例研究「遺族年金」開催のお知らせ | トップページ | 審査請求と訴訟との関係(労災) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/53066521

この記事へのトラックバック一覧です: 被扶養者に関する給付:

« 事例研究「遺族年金」開催のお知らせ | トップページ | 審査請求と訴訟との関係(労災) »