« 審査請求と訴訟との関係(労災) | トップページ | 給付制限(雇用) »

国民年金基金連合会

国年23-10
 国民年金基金の加入員資格を途中で喪失し
た者(加入員資格を喪失した日において国民
年金基金が支給する年金受給権を有する者を
除く)で、国民年金基金の加入員期間が15
年に満たない者に対する脱退一時金は、国民
年金連合会から支給される。

■■解説■■

 今年の国年の問題で、かなり多くの方が
ひっかかってしまった問題です。 

-----------------------

 問題文を読んでいくと、

 「加入員資格を途中で喪失した者‥‥」

 中途脱退者の話かな?。

 「加入員期間が15年」

 おっ?。15年だ!。ここは過去問でも出てた
よな。企業年金連合会の方の中途脱退者は
20年で、国民年金基金連合会は15年だよ。
覚えてた、覚えてた。

 ということは、この選択肢は○?。

-----------------------

 こんな形で、この選択肢を○としてしまった
方が多かったと思われます。

 しかし、解答解説を見ると×となっています。

 なんで?。

 国民年金基金の給付には「脱退一時金」
はない。

    ポイントはそっちかよ!!shock

っていう問題ですね。

 確かに国民年金基金には、老齢と死亡に
関する給付しかありません。脱退に関する
給付はありませんから、この問題文は×と
いうことになります。

 なかなか巧妙に作られている問題と言え
るでしょう。

 まあ、敵ながらあっぱれといったところです。

-----------------------

本問の答え>×

« 審査請求と訴訟との関係(労災) | トップページ | 給付制限(雇用) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/53122511

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金基金連合会:

« 審査請求と訴訟との関係(労災) | トップページ | 給付制限(雇用) »