« 23年本試験選択式について | トップページ | 授業担当について »

23年本試験択一式について

 今年の択一式試験について、私の思うところを
書きます。

 なお、名古屋地区では、

   9月3日(土)11時から大原にて

   同日     14時からTACにて

無料の解答解説会が行われますので、興味が
ある方は参加されてはいかがでしょうか。

 なんでもタダで使えるものはどんどん活用しま
しょう(デパ地下の試食と同じです。食べてみて
いまいちだったら、そのまま逃げるとdelicious)。

 ただ、何度もしつこく言いますが、合格基準に
ついての本当のところは、発表日にふたを開けて
みるまで誰にもわかりませんので、誰がなんと言
おうと現時点では参考程度に聞いておくのが無難
です。

----------------------- 

 まず、全体的に見ると、それほど難易度は高く
なく、読んだ瞬間に一発で解けるような問題も多く
みられますので、時間が足りなくなるようなこと
はなかったかと思います。。

では、科目ごとに見ていきます。

 できて欲しい問題を◎、難しめの問題を△、
その中間を○で表していきます。

[労基・安衛]

 安衛の問10以外は、基本的な問題が多かった
と思います。

 一時、労基・安衛は長文かつ難解な問題が多く
出題されていたこともあったのですが、ここ1~
2年はなりを潜めています。

1◎ 2◎ 3◎ 4◎ 5◎ 6○ 7◎ 8◎
9○ 10△

----------------------- 

[労災・徴収]

 問5、問6は「?」ですが、他は特に問題ない
でしょう。

 問8は、多くの資格学校が指摘しているとおり
C、E両方正解になる可能性があるかもしれません
(ここでは仮に没問としておきます)。

1◎ 2◎ 3◎ 4◎ 5△ 6△ 7○ 8×
9◎ 10○
-----------------------

[雇用・徴収]

 難易度的にこれといった特徴のない適当な問題が
ほとんどです。

1○ 2◎ 3◎ 4◎ 5○ 6◎ 7◎ 8○
9○ 10○
 
-----------------------

[一般常識]

 前半の労一は5問中3問が統計等の問題でした。

 特に、問1、問2は「?」な問題ではないでしょうか。

 その分、労一問4、問5及び社一でいかに点数を
確保できるるかが重要になります。

 近年ずっとこの傾向が続いています。授業でも
お話しましたが、「一般常識は社一で取る」です。

1△ 2△ 3△ 4○ 5◎ 6◎ 7◎ 8○
9◎ 10△

-----------------------

[健保]

 問7D・Eが見慣れないところでしょうが、全体
としてはそれほど難易度は高くありません。
 
1◎ 2○ 3◎ 4◎ 5◎ 6◎ 7△ 8△
9◎ 10○
-----------------------

[厚年]

 問7は安衛の問10と同じく、ヘンテコ問題です。
こんなのはできなくても構いません。

 それ以外では、問3、問5もあまり見慣れない
知識が問われていますので、難しいかと思います。

 ただ、それら以外は、正解の選択肢を読んだ瞬間
「これが正解」って判断できるようなものが多いの
で、他によくわからない選択肢が混じっていても正
解を導くことはできると思います。

 厚年も労基と共に、ここ1~2年、以前ほどの難し
さはありません。

1◎ 2◎ 3△ 4◎ 5△ 6○ 7△ 8◎
9◎ 10◎

-----------------------

[国年]

 標準的な問題で、比較的平易だと思います。

 
1◎ 2○ 3○ 4◎ 5◎ 6○ 7◎ 8○
9◎ 10○

-----------------------

 そうすると、◎38問、○19問、△12問と
なります(労災問8は仮に没問)。

 ◎問題は9割はできて欲しいので、
 38×0.9≒34点

 ○問題は半分として、      
 19×0.5≒10点

 △問題は正解率2割として、
 12×0.2≒2点

 合計して、46点+没問1点=47点。

 とすると、

      択一46~48点

      選択24~25点
 (労災、労一、社一(期待を込めて)2点救済)

 こんな辺りかと、予想してみました。冒頭でも
書きましたが、これはあくまでも私の個人的な予
想ですので、参考程度に聞いておいてください。

 引き続き、みなさんの「本試験に対する感想」
をコメント欄でお聞かせください。

« 23年本試験選択式について | トップページ | 授業担当について »

コメント

 速習コースで4月中ばからお世話になりました。
 結果のショックで、しばらく頭が呆然としていて、やっと、次の事を考えなくては、と思うようになったところです。
 
 択一45点(足切りなし)、選択25点(足切り社一0点、国年1点、雇用2点)
 雇用、国年は、完全にうっかりミスでした。(>_<)
 もう少し、のりしろというか、ぎりぎりでなくいろんな問題にあたって、余裕をもって勉強していなかったのが敗因か、とやっと思えるようになりました。
 また、磯井先生にお世話になろうと思っていますが、完全合格コースと上級コース、どちらにしようか迷っています。
 名前から、完全合格コースに揺れています。(げんかつぎ)
 上級コースというのも、落ちたのに・・・とかなりへこんだり。
 アドバイスをいただけると、ありがたいです。

先生、こんにちわ。
私も「い~だ」さんと同じ気持ちです(ネットにコメントをあまり書かないことも・・・)
私は昨年先生の授業でお世話になりました。選択では「なんか先生がプリントでこのことおっしゃってたなぁ」ぐらいしか
思い出せずでしたが・・・。解答見て思い出しました。でも特例一時金の件は先生が表を書いてもらってビジュアルで覚えるのも手ってことをおっっしゃててそれが役に立ちました。
本当に色々とありがとうございました。


初めてコメントを書かせていただきます。
去年から、先生の月・木夜の授業をずっと受けさせていただきました(最後の方は諸事情で参加出来ませんでしたが)。
いつも分かりやすい授業で、非常に充実した1年を過ごすことが出来ました。
まずはそのお礼を申し上げます、本当にありがとうございました。

試験結果ですが、択一式試験はどの科目も7点以上獲得することができ、合計点でも53点をとることが出来ました。
選択式試験ですが、こちらは労災保険と社会保険の一般常識で2点でした。
2科目で基準点3点に満たなく、基準点の引き下げがあれば合格といった状況です。

ネットのコメントを書くことが苦手なので迷ったのですが、どうしても先生にお伝えしたい事があったので書かせていただきました。
前回の記事に、選択式の社会保険の一般常識で、プリントに掲載をしなかった事に対して申し訳ないと書いておられました。
確かに去年まで掲載されていたものから出たのは惜しいなとは思いました。
しかし、私はそれ以上のものを先生から教えていただき、択一式試験でも選択式試験でもこれだけの点数が取れたのは、先生のお陰であると言っても過言ではありません。
社会保険の一般常識にしても、先生の授業で「介護保険の保険証は2号被保険者でも請求すればもらえます。実際に授業で聞いてもらいに行き、嫌な顔をされたと言う話を聞きました(笑)」と話されたのが凄く印象に残っていて、迷わず保険証を選べて何とか2点を確保することが出来ました。
恐らくここ迷って考えていたら、高い確率で間違っていたと思います。
他に最後二つまで絞って間違えてしまったものがありましたので、運が良ければ3点も不可能ではありませんでした。

試験の結果がどうであろうと、先生に対する感謝は変わりません。
初めての受験で合格が見えるレベルまで来れたのも、先生の授業のお陰だと思っています。
本当は結果が出てから報告しようかとも思ったのですが、仮に合格した後にお礼を言っても調子が良いかなと思いまして、今お礼をさせていただきました(本来でしたら最後の授業で直接お伝えしたかったですが)。

私事ですが、来週から大原で別の試験の講義を受けることになりました。
実はもともと社労士は門外で、別の試験の方が仕事でも主でした。
なので今年に不合格となった場合、再受験しないかもしれませんが、もし大原でお会いした時はご挨拶させていただければと思います。

 コメントを書いてくださったみなさん

 ありがとうございます。

 Kさん。本当にどうして?って感じですね。ただ、択一式試験は
各科目1つずつ余計に間違えるとそれだけで7点は変わる試験です
から、ドラちゃんさんも書いているように最後の2つで裏目裏目
を引いていくとそういうことも起こり得るのかもしれません。

 来年以降のことについては、どんな勉強方法がベストなのか
この時期にしっかり考えてみてください。

 少し違う角度から勉強してみたいということであれば、他の
資格学校を選択するもよし、独学という方法ももちろんあります。

 どんなルートをたどろうが、最終的に「合格」という頂上に
たどり着くことができればよいわけで、どこの資格学校に通うか
とかどんな教材を使うかなどは、あくまでもそのための手段に
過ぎません。

>Kさんへ

私と状況がほぼ同じなので驚いています。


以前にも書き込みしましたが、正解肢のほかに、もう一つ候補として残してしまいことごとく外した結果でした。

先生には1年間お世話になりました、ありがとうございました。
今年は昨年よりO原の問題集も何回かし、先生お勧めの過去問題集も90%以上できるよう取組みましたが、昨年より10点も悪い、しかもまさかの40点にも満たない結果となってしまい、かなりのショックでした、模試でも50点前後、定例は全科目90~100でした。どうして???
先生のコメントの難易度は高くないにまた落ち込んでいます。
3回目受験に挑戦しょうか迷っていましたが、もう1回だけ挑戦することにしました。
そこで2年間なれしたしんだO原のテキストで勉強した方がいいのか、他校で学んでみるのもいいのか、すごく悩んでいます、O原の先生にこんなことやぼな質問でしたよね、失礼しました。長くなって申し訳ありません。

ドアラさん

訂正ありがとうございます。

後で直します。

やまねこ先生のコメントに大原の合格予想は明日、10時からとなってましたが、授業のときに先生に頂いた資料では11時となってましたので、大原に電話で確認したところ、11時からのようです。余計なお節介かもしれませんが、念のため。

択一は50点台後半ありましたが、選択アシキリ(労一、社一が各2点)でした。社一、労災は、共に2点に下がる確率が高いようですが、労一は、結構みなさん出来てらっしゃるようですねweep

ちなみに、O原に聞いてみたところ、上級クラスは、常勤の先生と、やまねこ先生、あと1人、非常勤の先生が教えてくださるそうです。

ほぼ見直しは終りましたが、二択までしぼり不正解肢を選択したのが、20問近く。読み落としなどもありましたが、明らかに実力不足でした。選択の救済の期待があった昨年と違い合格発表日を冷静に迎える事に(T_T)
10日から始まる上級の復讐(復習)講義は先生の担当ですか?
暫くしたら再始動します。

書き忘れましたが、
大原の解答解説会には参加予定でいます。

周りを誘いましたが、
参加される方はちらほらかな?

TACに電話をして聞きましたが、
選択式1時間、択一式1時間・計2時間の予定らしいです。

使うものを上手く使い、
情報収集したい!です。

46〜48点ですか?
数点足りないなぁ!

学校によりますが、複数解答があるような。
労災問8番・TAC

厚生年金問3番・クレアール。
かな?

結果を見てから、来年度再受験するか?否か?
通学するか?否か?
決めます。
学校による没問が点数がカミされますように、
また合否ラインが少し下がりますように、祈念しています。

予想ありがとうございました。

先日コメントしたとおりの状況なので、
『期待を込めて』という可能性であっても
労災、労一の選択式に救済アリと記載していただけたことが
発表日当日までのモチベーション?になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/52620521

この記事へのトラックバック一覧です: 23年本試験択一式について:

« 23年本試験選択式について | トップページ | 授業担当について »