« 遺族基礎年金の遺族 | トップページ | O原統一模試Ⅱに関する私見 »

年金スキルアップ研修のお知らせ

 本日は、社労士試験既合格者の方に年金に関する
セミナーのお知らせです。

-----------------------

 老齢年金の繰上げ・繰下げ。

 基本的な仕組みはひととおり勉強したけど、実際に
どうなるのかは、わかっているようでよくわからない。

 しかも、繰上げした人が在職老齢年金の適用を受け
るとどうなるのでしょうか・・・なんて訊かれると、多くの
方がcoldsweats01なのではないでしょうか。

 しかし、数年後には、報酬比例部分すら60歳から
もらえない方達が続々と60代を迎えます。繰上げ受
給の相談もますます増えてくることが予想されます。

-----------------------

 ここで一つ、繰上げ・繰下げをしっかり勉強して
みようと考えたあなたに、最適なセミナーをご紹介
いたします。

 「新しい時代の繰上げ・繰下げ」

 日時 8月7日(日)13時30分から16時30分

 場所 名駅前 ウィンクあいち

 講師 高木隆司先生

 先生が自ら執筆された最新刊のテキストを使って、
繰上げ・繰下げをわかりやすくお話して頂けます。

 詳細は、以下のURLをクリックして案内をご確認
ください。

「kuriage.pdf」をダウンロード

« 遺族基礎年金の遺族 | トップページ | O原統一模試Ⅱに関する私見 »

コメント

 試験に対する考え方は、人それぞれでよいと思います。

 社労士試験は、毎年4千人近くが合格する試験です。

 決して「1番」を取らなければならない試験ではありません。

 そこを間違えると、長い迷い道へ入って行ってしまうような
気がします。

自分は、宣伝とかがあった方が読んでいて気分が紛れるので良いと思います。

最近、思うことですが、試験のハードルを上げておいて、更に自分がそれ以上でクリアしようとするのは間違いで、自分はそのままで、いかに試験を自分のレベルに下げ落とせるように努力をするかが正解であるように思います。実際に、試験では、知識が無くて間違えるより、勘違いや問題文の読み違いのほうがはるかに多いように思います。

落ち着いて、冷静に判断するには、見下げて、かつ、謙虚に接する態度が必要であるように思います。

でも、実は、やまねこ先生の講義を受けてそう思うようになってきたのです。

 アンさん

 いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。

 今週は速修クラス以外の通常授業がお休みでしたので、1週間
PRをさせて頂きました。

 このブログは、受験生の方のみならず、以前にこのブログを読ん
で勉強されていた合格者の方達も多く読んでくださっていますので、
その方達のための情報も時折掲載いたします。

 受験には直接関係ないかもしれませんが、ご了承ください。


 どらねこさん

 そうですね。自営業者にとっては、宣伝も大事な仕事です。

 あまり、過剰にはならないように気をつけますね。

宣伝が1番のお仕事です。

この大事な時期、いつまでPRするつもりですか?

 子だくさん さん

 いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。

 一般常識は、みなさん頭を悩ませる科目だと思います。

 まず、労働一般・社会一般とも、法令はしっかりとやってください。
これは事前の対策を十分に立て得る箇所ですし、「普通の」問題が
出題されますから、みんなできる人はできるからです。

 それに対して、白書や統計については、はっきり言って掴みどころ
がない+深めようと思えばどこまででも深めることができる分野です
から、ここはある程度の割り切りが必要かと思います。

 私が受験するとしたら、白書や統計は大原のテキスト+模試の問題
の範囲に留めておくと思います。他にも優先順位の高い事項がたくさん
あるからです。

 結論としては、子だくさんさんのやり方で特に問題はないかと思い
ます。

 まだ、本試験まで1か月あります。最後まで、一歩一歩着実に前へ
進んで行ってください。

先生こんにちわ。子だくさんです。
先日は質問に丁寧に答えていただきありがとうございました。

さて、試験まであと1ヶ月あまりとなったところで、再度質問があります。
一般常識の学習についてです。
一般常識以外の科目については、本試験に向けて照準を合わすことがなんとかできそうですが、一般常識はほとんど手付かずになってしまっています。(昨年はこの状況で本試験に臨みましたが)
科目別講義の時も一般常識だけは手を抜いてしまい、直前期の労働経済および白書も講義だけでたという状況です。
そこで、足きりを避けるためにも遅いかもしれませんがそろそろ対策を講じようと思っていますが、範囲の広さからなかなか踏み切れません。

今考えているのが、労働一般および社会一般の法律科目は今月中にテキストのみを精読し、8月以降は答練および模試(他校含む)の問題演習にあたる。労働経済および白書は他行の一般常識対策のテキストを入手してあるので、本試験までスキマ時間にひたすら読み込む。
別途、選択対策として法律科目は大原の選択トレ問をやろうと思っています。

最近TACから出版されている「最強の一般常識問題集」を衝動買いしてしまいましたが、それ以外の科目と並行しながらですので、せっかく購入したにも関わらずできそうになく、上記くらいのボリュームで手一杯になりそうです。

なお、労務管理は捨てようかと考えています。

お忙しいところ恐れ入りますがが、一般常識の対策についてご教示いただければと思います。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/52287093

この記事へのトラックバック一覧です: 年金スキルアップ研修のお知らせ:

« 遺族基礎年金の遺族 | トップページ | O原統一模試Ⅱに関する私見 »