« 遺族厚生年金の額 | トップページ | 時間単位年休 »

O原統一模試Ⅰに関する私見

O原統一模試1回目に関して私の思うところを
書きます。

danger これはO原の公式見解ではありません

-----------------------

【選択式】

労基・安衛
 Aは有名な判例です。Dも択一で出題されている
基本事項ですので、この2つは必ず正解しましょう。

 B、C、Dも、まあ条文通りといえば条文通りです
ので、この中から1つでも拾えれば3点は確保で
きます。

労災
 B、Cは問題ないでしょう。あとはAかDのどち
らかを入れることができれば3点を取ることは
難しくありません。Eはまあこれを機に見ておき
ましょう。

雇用
 今年の改正事項からの出題です。改正事項を
しっかり押さえていれば、AとBはなんなく入るはず。
Dもまあ条文通りなのですが、ちょっとわかりにく
いかも。ということで、CかEでなんとか1点を取って
3点確保。

労一
 A、Bは、直接の改正事項からの出題ではありま
せんが、次世代育成支援対策推進法は今年改正
があった法律ですので、授業で使ったプリントで改
正点以外の条文も見ておきましょう。

 Cは、白書まとめで御紹介した数字です。

 D、Eは条文通り。択一でも出題されている条文
です。

 B以外の4つの中で、どれか3つを取って頂きた
い問題です。

社一
 今回の模試で一番の難物は、おそらくこれでしょ
う。

 本試験において見たことがない問題が出題され
た時のシュミレーションができたと思えば良いと思
います。

 一応テキストに載っている話ではあるのですが、
少なくとも私の授業では飛ばしていきましたし、
どうなんでしょうねえという感じです。
  
 これを機に見ておいて頂ければよいと思います。
おそらく3点確保できなかった方が多い問題では
ないかと思います。

健保
 これもC、Dで悩んだ方が多かったのではない
でしょうか。

 とりあえず、Eは真っ先に入れることができた
と思います。

 あとAは、国庫補助が「なされない」保険給付
が一時金のものということを択一の知識から思い
出すことができれば、ここに入りそうな選択肢で
一時金が入っていないものは12しかないと逆算
で入れることができます。

 Bも「療養の給付」とありますから、5が入るかと。

 ということで、C、D以外を全部正解できれば、
ぎりぎり3点確保できる問題です。

厚年
 いずれも択一で近年出題があったところばかり
ですが、特にC~Eについては細かい知識だと思
います。

 A、Bを確実に取って、あとはC~Eの中で1つ
でも取れれば御の字かなと。

 ただ、過去問学習をしっかりやっていた方にと
っては、5点確保できる問題であることも確かです。

国年
 一服の清涼剤のような問題です。これは特に
問題ないでしょう。
 
-----------------------
  
【択一式】

 適当な難易度の問題だと思います。私の個人的な
感想では、

    目標点 47点以上

です。

労基・安衛
1○ 2◎ 3○ 4○ 5△ 6◎ 7◎ 8○
9○ 10◎

労災
1○ 2○ 3○ 4○ 5◎ 6◎ 7◎ 8◎
9△ 10◎

雇用
1○ 2○ 3○ 4◎ 5◎ 6◎ 7○ 8◎
9◎ 10○

一般常識
1○ 2○ 3○ 4◎ 5◎ 6◎ 7○ 8△
9◎ 10◎

健保
1◎ 2◎ 3○ 4△ 5◎ 6△ 7○ 8○
9◎ 10○

厚年
1◎ 2◎ 3○ 4◎ 5○ 6◎ 7○ 8○
9◎ 10○

国年
1◎ 2○ 3○ 4◎ 5◎ 6◎ 7◎ 8◎
9◎ 10◎

◎(確実に正解してほしい問題)が36問
○(普通の問題)が29問
△(それ以外の問題)が5問

◎36問は9割正解して=32点
○29問は5割正解して=14点
△5問は2割正解して=1点

この合計が、47点です。

-----------------------

 いろいろ書いてきましたが、ここに書いたのは
あくまでも私の意見ですので、実際の問題の正解
率等は結果表が返却された時に御確認ください。

 ただ、一つだけ言えることは、今の段階の模試
の点数などというものは、大してあてにならないと
いうことです。

 今回点数が良かった人もここで気を抜けばアッ
という間に抜かれますし、今回点数が良くなかっ
た人もこの模試を受けっぱなしにせずしっかり復
習すれば本試験直前まで確実に力は伸びていき
ます。

 あと2か月を切りましたが、最後の最後まで
あきらめない人に、勝利の女神は微笑みます。

 まずは、この模試の復習から始めましょう。

« 遺族厚生年金の額 | トップページ | 時間単位年休 »

コメント

 McKさん

 ブログを読んで頂いてありがとうございます。

 私は資格学校の役割というのは、受講生の方が一人立ちできる
までのお手伝いだと思っています。

 例えて言えば、補助輪付き自転車にしか乗ることのできない
子が、補助輪なしで自転車に乗ることができるようにするような
ものでしょうか。

 社労士試験の勉強で一番厄介なのは「最初」なんです。テキ
スト読んでも意味わからんし、なにやればいいのかもわからんし。

 ここさえクリアーできれば、あとは自分でなんとかできることが
ほとんどですし、また自分が主体となってでやっていかなければ
仕方ないでしょう。

 最初のハードルを飛び越えることができれば、私の役割の8割
は終わったと思っています。


 

先生こんにちは。
授業でもブログでもお世話になっています。

たまたま振替で先生の授業を受けて以来、
先生のファンになりました。
曜日を変更して月木に通っています。

先生に出会わなければとっくの昔に諦めていたと思います。
諦めずにここまで頑張ってこれたのも、
「今はこれだけやりなさい」という明確なご助言と
先生からの励ましの言葉のおかげです。
先生に出会えたことに感謝しています。

まだまだ合格には程遠い位置にいますが、
ここまで来たので最後まで諦めずに頑張ります。
少し早いですがこの場を借りて御礼申し上げます。
心の底から感謝しています。
あと少しですがよろしくお願いします。

 タケポンさん、さらささん

 だいたいどの資格学校も、選択式で1問はヘンテコな問題を
出してきます。本試験で未知の問題を見た時のショックをあら
かじめ経験しておこうという趣旨のようです。

 ですから、選択式の出来不出来は、いわば「時の運」の面が
あると思いましょう(ただ、当たり前ですが100%「時の運」
でないことも確かです)。

O原受講生です。
いつも先生のブログと授業で勉強させていただいています。わかりやすい解説で、とってもありがたいです。

今回の模擬中は難しいと思ってましたが、
思ったよりはできていました。
択一47点
選択21点 でした。

先生の解説を読んで、とらないといけないところはとれているので(選択・一般常識以外・・)、
努力すると少しずつ結果がついてくるんですね。

後2カ月弱頑張ります♪

択一式は55点でしたが、選択式で労基、雇用、社一で2点しか取れず、合計でも22点という結果に凹んでます。

しかし、先生の「ただ、一つだけ言えることは、今の段階の模試の点数などというものは、大してあてにならないということです」の言葉に少しホッとしました。

次に同じような問題で、同じ間違いをしなければ大丈夫という気持ちで、復習に励みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/52117622

この記事へのトラックバック一覧です: O原統一模試Ⅰに関する私見:

« 遺族厚生年金の額 | トップページ | 時間単位年休 »