« 労使委員会 | トップページ | 特別支給金の申請 »

罰則(健保)

健保20-7
 健康保険組合の設立を命じられた事業主が、
正当な理由がなく、厚生労働大臣が指定する
期日までに設立の認可を申請しなかったとき
は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
に処せられる。

■■解説■■

 罰則です。

 どの科目でもちょこちょこ訊かれます。

-----------------------

 ただ、こんなものをすみずみまで覚えると
いうのもどうかと思いますし、そもそも大変
です。

 みなさんには、他にも覚えなければならな
いことが山のようにあります。

 そこで、割り切って、この2つに対象をしぼ
ってみましょう。

one 各科目で一番重い罰則

two 過去問で問われている罰則

番外 (余裕があれば)模試等で出題のあった
     罰則

 これら以外から出題される可能性ももちろん
あるわけですが、その場合はほとんどの人が
初見のはずですから、あまりそこで差はつきま
せん。

-----------------------

 一番重い罰則を主な科目で見ていくと、

労基 強制労働禁止違反

安衛 特定機関の役員等が賄賂を収受+不正行為

健保 協会・組合の役員等の秘密保持義務違反

国年 不正受給 

 この辺りは出題可能性は十分ありだと思います。

-----------------------

 「健康保険組合の設立の認可に関する手続の遅
延した期間、その負担すべき保険料額の2倍に相
当する金額以下の過料」に処せられます。

本問の答え>×

« 労使委員会 | トップページ | 特別支給金の申請 »

コメント

 タクヤさん

 ブログを読んで頂いてありがとうございます。

 昨年以前のものは、当時の法律に準拠して書いてあります
ので、その後に法改正があった部分については注意して読ん
でくださいね。

 あと2か月です。今年こそ良い結果が出るようにがんばっ
てください。

はじめまして、今年2回目の受験をする神奈川のタクヤといいます。

検索サイトでこのブログを知り、
最初から4年分読ませていただきました。

すべてが記憶を補完になる内容かつ、
各問題の根拠(厚生年金の各寡婦加算など)が
とてもわかりやすかったです。

これからもお世話になります?のでよろしくお願いします。


 選択式は、「これさえやっておけば間違いなく合格点が取れ
る」というものがありません。

 せいぜい模試や問題集等を通じて、さまざまな問題に当たっ
ておくくらいでしょうか。

 解き方のポイントとしては、ここで1つだけ。

 空欄をうめる時に、いきなり下の選択肢の語群を見ないとい
うことです。

 まず、空欄を自分の言葉(文字)でうめてみます。

 そしてその言葉が下の選択肢の語群にあれば、まずそれは正
解でしょう。

 言葉でうめられない時に、初めて選択肢の語群を見るように
しないと、ついつい似たような言葉にひっぱられて間違えて
しまいます。

いつも講義でお世話になっております。

だいぶ択一の過去問を割り込んできましたが、選択がいまいち伸びません…結構あせってきています。
選択の解き方のポイントがあれば、教えてください。私に救いの手を((((;゜Д゜)))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/51887204

この記事へのトラックバック一覧です: 罰則(健保):

« 労使委員会 | トップページ | 特別支給金の申請 »