« 障害基礎年金の支給要件 | トップページ | 遺族厚生年金の額 »

短期雇用特例被保険者

雇用16-4
 65歳に達する日より前から雇用されている
短期雇用特例被保険者が同一の事業主の下で
引き続き1年以上雇用されるに至った場合、その
1年以上雇用されるに至った日において65歳を
超えているときには、65歳に達した日に遡って
高年齢継続被保険者となる。

■■解説■■

 短期雇用特例被保険者については、一昨年の
改正で定義が変わっていますので、その点も注
意しましょう。

-----------------------

 本問はそれとは別で、同一の事業主に引き続き
雇用された期間が1年以上となった短期雇用特例
被保険者が、その被保険者の種類を変えるという
話です。

 この切替えが行われるパターンには、3つあり
ます。

-----------------------

one 切替日に65歳に達していない場合

  この者は、切替日以後、一般被保険者になり
 ます。

two 65歳前に現在の事業主に雇用され切替日に
 65歳以上である場合

  この者は、切替日以後、高年齢継続被保険者
 になります。

three 65歳以上で現在の事業主に雇用された場合

  この者は、被保険者になることはできません

 そして、ここでいう「切替日」とは、

 現在の事業主に引き続いて雇用された期間が、
1年以上となるに至った日

を言います。
 
 本問は、上記twoの場合を訊く問題ですが、高年齢
継続被保険者になるのは、あくまでも切替日であり、
その者が65歳に達した日ではありません。

-----------------------

 この切替えについては、択一で繰り返し訊かれて
います。

18-1
 短期雇用特例被保険者であって、同一の事業主の
適用事業に65歳に達した日の前日から引き続いて
65歳に達した日以後の日において雇用されている
者は、高年齢継続被保険者となる。

この問題の答え>× 

 引き続いて雇用された期間が「1年以上」になって
初めて切替えが行われます。

21-1
 満30歳の短期雇用特例被保険者が同一の事業主
に引き続き6か月以上雇用されるに至った場合、そ
の6か月以上雇用されるに至った日以後は、短期雇
用特例被保険者ではなく一般被保険者となる。

この問題の答え>×

 「6か月」ではなく「1年」です。

-----------------------

本問の答え>×

« 障害基礎年金の支給要件 | トップページ | 遺族厚生年金の額 »

コメント

アドバイスありがとうございました。確かに、必ず解ける問題を何回も解く方が、時間がもったいないですね。

早速、明日より実践します。残り2ヶ月頑張ります。

 タケポンさん

 いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。

 もう既に実践されていらっしゃるかもしれませんが、問題を
解くにあたり、自分が解ける問題は繰り返し解く必要はありま
せん。

 例えば、問題集に載っている問題のうちいくつかは、もう金輪
際自分が間違えることはないだろうという問題があるはずです。

 そういう問題を、繰り返し解く必要はまったくありません。

 間違えたり間違えなかったりという問題や何回解いても必ず
間違える問題、これらを今後間違えないようにするのが試験勉
強です。

 ですから最初仮に100問の問題があっても、次に解くのは
80問、次は50問という具合に、どんどん解くべき問題は減っ
ていきます。

 そうすれば、問題演習にあてる時間がどんどん少なくなって
いき、その分テキスト読み等に時間を回していくことができます。

 今の時期、テキストを読み込むか、問題演習に充てるかとい
う悩みをみなさん共通で持つと思いますが、どちらに偏るのも
よくないような気がします。

いつもブログを拝見させていただいておりますhappy01

私、今回が初受験となるのですが(O原さんで講座を受けてます)、勉強方法で少し悩んでおります。

現在は、テキストを読み込んでから、読んだ範囲の択一式&選択式のトレ問を解いています(8割~くらいは解けれています。)

この時期だと、テキスト読みよりも、問題を解いてから、間違えた部分に該当する所だけ見ていった方が良いのでしょうか?

ただ、これだとトレ問に出ていない部分&選択式の知識を忘れそうで心配です・・・。

また、択一式の場合、解答が×であれば、その×の理由をノートに書いていっているのですが、この方法だと時間が掛かってしまうので、下敷きなどで隠しながらスラスラ解いていった方が良いのでしょうか?(これは人それぞれかもしれませんが)

小さい悩み、長文になってしまい申し訳ありません。良いアドバイスがあれば、宜しくお願い致します。


 それはありません。

 基準点が、選択各科目3点未満、択一各科目4点未満になる
ことはありますが、それを超えることはありません。

授業&ブログでお世話になってます。
本試験の科目別基準点について教えてください。基本的には選択式各科目3点以上、択一式各科目4点以上が科目別基準点(以下、基準点といいます)ですが、昨年の国民年金法(選択式)のように、科目によっては基準点未満になることがありますが、逆に基準点を越えることもありますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/52056277

この記事へのトラックバック一覧です: 短期雇用特例被保険者:

« 障害基礎年金の支給要件 | トップページ | 遺族厚生年金の額 »