« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

遺族厚生年金の額

厚年22-7
 老齢厚生年金の受給権を有する65歳以上の
遺族厚生年金の受給権者が、当該遺族厚生年金
の裁定請求を行う場合には、厚生労働大臣は、
当該受給権者に対し、老齢厚生年金の裁定の請
求を求めることとする。

■■解説■■

 訊いている内容がよくわからない問題かも
しれません。

 遺族厚生年金の裁定請求をするのに、老齢
厚生年金の裁定請求を求める?。

 なんで?ということです。

続きを読む "遺族厚生年金の額" »

短期雇用特例被保険者

雇用16-4
 65歳に達する日より前から雇用されている
短期雇用特例被保険者が同一の事業主の下で
引き続き1年以上雇用されるに至った場合、その
1年以上雇用されるに至った日において65歳を
超えているときには、65歳に達した日に遡って
高年齢継続被保険者となる。

■■解説■■

 短期雇用特例被保険者については、一昨年の
改正で定義が変わっていますので、その点も注
意しましょう。

続きを読む "短期雇用特例被保険者" »

障害基礎年金の支給要件

国年22-9
 初診日が平成22年8月30日である場合、
平成22年7月分までの1年間のうちに保険料
の滞納がなければ、障害基礎年金の保険料
納付要件を満たす。

■■解説■■

 障害基礎年金の支給要件は、3つありました。

one 初診日要件

two 障害認定日要件

three 保険料納付要件

です。

 本問はそのうちthree保険料納付要件についてその
特例を訊く問題です。

続きを読む "障害基礎年金の支給要件" »

合格者の方にお知らせ

 名古屋大原で勉強されて社労士試験に合格され
た方を中心に、41会という集まりが定期的に開か
れています。

 今日は、そのご紹介です。

続きを読む "合格者の方にお知らせ" »

特別支給金の申請

労災22-2
 特別支給金は、すべて関連する保険給付と併せて
支給されるものであり、その支給を受けるためには、
必ず関連する保険給付の請求と同時に別途当該特
別支給金の支給の申請を行わなければならない。

■■解説■■

 特別支給金については、近年は、給付の内容に
ついて細かく訊く問題(支給額がいくらかとか)は出
題されていません。

続きを読む "特別支給金の申請" »

罰則(健保)

健保20-7
 健康保険組合の設立を命じられた事業主が、
正当な理由がなく、厚生労働大臣が指定する
期日までに設立の認可を申請しなかったとき
は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
に処せられる。

■■解説■■

 罰則です。

 どの科目でもちょこちょこ訊かれます。

続きを読む "罰則(健保)" »

労使委員会

労基22-7
 労働基準法第38条の4第1項に定めるいわ
ゆる労使委員会は、同条が定めるいわゆる企画
業務型裁量労働制の実施に関する決議のほか、
労働時間・休憩及び年次有給休暇に関する労働
基準法上の労使協定に代替する決議を行うこと
ができるものとされている。

■■解説■■

 いわゆる労使委員会決議の労使協定代替効
力に関する問題です。

 つまり、本来は労使協定を締結しなければ
ならないところを、労使委員会の5分の4以上
の決議で代わりができないかという話です。

続きを読む "労使委員会" »

障害厚生年金額の計算

厚年22-5
 障害厚生年金の額については、当該障害厚生
年金の支給事由となった傷害に係る障害認定日
の属する月の前月までの被保険者であった期間
を、その計算の基礎とする。

■■解説■■

 模試シーズンが始まっています。

 しかし、模試はあくまでも模試。つまり、
練習です。

 練習は、なんのためにするのでしょうか。

 本番で成功するためです。

 ということは、

  練習(模試)でいくら失敗してもOK

ということです。

 空振りしようが、エラーをしようが、問題
ありません。

 みなさんが確実に成功を修めなければなら
ないのは、本試験の時ただ1回だけです。

 その日に成功するために、いま練習してい
るのです。

 模試の結果には一喜一憂することなく、そ
れよりも復習をしっかりやって、

   次に同じ所を訊かれたら正解できる

 つまり、今回空振りしたコースと同じコース
に次にボールが来たら打てる、今回エラーした
同じ飛球が次に来たら取れる、という状態にし
ていきましょう。

 それが模試を受ける最大の意味です。

続きを読む "障害厚生年金額の計算" »

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »