« 療養補償給付 | トップページ | 第3号被保険者期間に関する特例 »

報酬・賞与(健保)

健保16-1
 被保険者の在職時に、退職金相当額の全部又は
一部が報酬又は賞与に上乗せして支払われる場合
は、報酬又は賞与に該当するものとみなされるが、
事業主の都合により退職前に退職一時金として支
払われるものについては、報酬又は賞与に該当し
ないものとされている。

■■解説■■

 試験勉強をしていると、(特に初学者の方は)
さまざまな疑問がわいてくると思います。

 「テキストにはAという例が載っているけど、
  これがBの場合はどうなるのだろう?」

 「この条文の文言は日本語としておかしくないか?」

 そんな疑問が生じたら、過去問題集を見てみて
ください。

 少なくとも過去7年分、できれば過去10年分の
過去問題集を見て、あなたの疑問が過去問とし
て問われている論点となっているならば、それは
講師に質問する等して解決しましょう。

 それが、過去問で全く訊かれていない論点であ
るならば、それをいま解決する必要はありません。

 いつも申し上げていますが、みなさんがしてい
るのは

   「試験勉強」であり、「学問」ではない

のです。

 試験勉強に必要な範囲を勉強してさっさと合格
するのがみなさんの目的であり、試験対象には
まずならないような(もっと言えば、万一それが
出題されたとしてもほとんどの人が解答できない
ような)部分についてまで勉強の範囲を自分で
勝手に広げていってしまうことは、「合格」という
目的からどんどん遠ざかることになります。

 「過去10年位の過去問なら、ほぼ解けます」

 そのレベルに達するまでは、自分で考えついた
オリジナルな疑問は封印しておきましょう。

 また、そのレベルに達した時には、自分で考え
ついたような疑問は試験合格のためにはあまり意
味がないという事実にも、自ずと気づくことと思
います。

-----------------------

 前置きが長くなりましたが、解説にいきます。

 この問題では、2つの種類の退職金がでてきます
(わかりやすいように一部文言を省略します)。

one 在職時に報酬に上乗せして支払われている
  退職金

two 事業主の都合により退職前に支払われている
  退職金

 結論としては、

one 報酬に該当する

two 報酬に該当しない

 ということなのですが、まず生ずる疑問は「この
2つって、何が違うの?。結局、両方とも会社を辞
める前に退職金をもらったということでしょ」とい
う点です。

 onetwoの違いを見分けるキーワードは、これです。

      「上乗せして」

 確かに、onetwoも在職中に退職金をもらったこと
に違いはありません。

 ただ、oneはそれを「報酬に上乗せしてもらった」
のに対し、twoは「退職金として独立してもらった」
ということです。

 「上乗せして」があればone報酬に該当する

 「上乗せして」がなければtwo報酬に該当しない

-----------------------

 21年にはこんな問題も出ています。

21-4
 退職を事由に支払われる退職金であって、退職時
に支払われるもの又は事業主の都合などにより退職
前に一時金として支払われるものについては、報酬
又は賞与に該当しないものとみなされる。

 この問題の「又は」以降の退職金には「上乗せし
て」という文言がありませんから、上記のtwo「報酬
に該当しない」ということになります。

この問題の答え>○

-----------------------

 キーワード「上乗せして」を覚えておきましょう。

本問の答え>○ 

« 療養補償給付 | トップページ | 第3号被保険者期間に関する特例 »

コメント

 まあ、そういうことでしょう。

 そこまで考慮して支払う事業主もいれば、何も考えずに会社の
都合だけで支払う事業主もいるということですね。

この問題は漠然としてましたが、先生の解説ではっきりしました。つまり、もらうお金が、報酬と一体になっているかどうかであって、退職金どうのこうのは関係ないということですね。でも、報酬と一体になるか、ならかいかでメリット、デメリットはあるのですよね。でも、それは支払う側の判断にまかされている。ということなのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/50993357

この記事へのトラックバック一覧です: 報酬・賞与(健保):

« 療養補償給付 | トップページ | 第3号被保険者期間に関する特例 »