« 「すっきり年金講座」無料プレセミナーのお知らせ | トップページ | 高齢任意加入被保険者 »

事業主による届出(雇用)

雇用21-2
 雇用保険の適用を受ける事業所を新たに設置した
事業主は、その設置の日の翌日から起算して10日
以内に、所定の時効を記載した届書を、事業所の所
在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなけれ
ばならない。

■■解説■■

 事業主による届出の届出期限に関する問題です。

 雇用保険のみならず、どの法律でもよく訊かれる
ところです。

------------------------

 ここは、原則-例外という流れで押さえていきましょう。

 例えば、雇用保険ですと、事業主による届出の届出
期限については、

 <原則>  10日以内

 <例外>  翌月10日‥‥資格取得届

         速やかに‥‥‥氏名変更届

 これだけ押さえておけば、届出期限を訊くほぼすべて
の最近の過去問に対応できます。

 つまり、例外2つだけを覚えておいて、それら以外の
ものが出てきたら、それは「10日以内」と答えておけば
9割以上正解できるということです。

------------------------

 届出期限を1つ1つ覚えていくことができればもちろん
それがベストですが、社労士試験では他にも覚えなけれ
ばいけない事柄が山のようにあります。

 脳細胞は有効活用しましょうhappy01

 ちなみに、健康保険や厚生年金保険は

       <原則>5日以内

 国民年金は(事業主は出てきませんが)

       <原則>14日以内

といったように、どの法律も原則の数字が決まっています
ので、そこを軸にして、その原則に当てはまらない例外で
過去出題されているものをピックアップして覚えていくよう
にしましょう。

------------------------

 本問の「適用事業所設置届」は、原則通り「10日以内」
が届出期限です。

本問の答え>○ 

« 「すっきり年金講座」無料プレセミナーのお知らせ | トップページ | 高齢任意加入被保険者 »

コメント

 けんしろーさん

 ブログを読んで頂いてありがとうございます。

 試験まであと3か月。ここからが最後の「頑張り所」です。

 あせらずに、でも確実に進んで行きましょう。

どんなデキストよりもよく理解できます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/50801276

この記事へのトラックバック一覧です: 事業主による届出(雇用):

« 「すっきり年金講座」無料プレセミナーのお知らせ | トップページ | 高齢任意加入被保険者 »