« 合格体験記(14) | トップページ | 「すっきり年金講座」開講のお知らせ »

合格体験記(15)

 合格発表直後から続いてきた合格体験記も、本日で最後です。

 今年受験されるみなさんの参考になれば幸いです。11月には、
みなさんの合格体験記でこのブログを飾ってください。

 本日の合格体験記は、岩永典昭さん(男性・52歳・無職)です。

-----------------------------

* 受験回数

  3回(連続)

* 学習方法

  1年目 通学(資格の大原 完全合格コース 事情により、
      受験年の3月から受講)

  2年目 通学(資格の大原 完全合格コース 事情により、
      受験年の3月から受講)

  3年目(今回)通学(愛知大学オープンカレッジの社労士
      講座、昨年の10月(当初)から受講)

(コメント)受講を考えている方は、なるべく早めに受講を開始
      したほうが合格への早道だと思います。

-----------------------------       

* 使用教材

<基本書>

 LSコーチ社の基本テキスト(受講した講座が使用) 
 ちなみに大原のテキストは、素晴らしいです。特に初学者に
 とっては。
 

<問題集>

 LSコーチ社の過去問題集(他社の問題集も考えたが、基本書
 と問題集が同一出版社であれば参照すべき条項(参照ページ)
 がストレートに分かる利点を重要視した) 
 

<参考書>

 真島伸一郎『年金がアッという間に分かる本』住宅新報社
 (テキストというより読み物として読める、他に労働基準法と
 雇用保険法も購入した) 

<その他特におススメのもの>

 野川忍『労働判例インデックス』(2009)商事法務 
 2600円
 本年の労働基準法における判例の出題数は、選択3問すべて、
択一8個選択肢(大原の本試験回答・問題集を参考)となって
おり、けっこう多い。
 本書は判例をコンパクトに記述してあり、本年出題の判例も
すべて記載されている。判例の学習(参考書)をどうしようか
考えている方は、近くの公立図書館の検索サイトで一度調べて
みてはどうでしょうか。

 井上義教『選択式マスター講座DVD』日本法令出版部
 約10,000円
 選択式問題の解き方(3点の取りかた)、時間配分、勉強す
る意義等への考え方が一変しました。

 佐藤としみ『総仕上げ講座』辰巳法律研究所 
 約20,000円
 直前の8月13、14、15日に受けました。択一対策です。
70問を本試験より1時間ほど短い時間で解くのですが、いず
れの文も短文で、引っ掛けはない素直な文章。
 模擬試験結果の自己分析により、設問文を読むスピードが決
定的に遅いと感じたので、受講を決意。設問文を読むコツ(論
点、キーワード等)の会得に役立ちました。

 『年金集中講座』(LSコーチ社)
 ゴールデンウイークに開催された講座を受講。実施学校(社)
は、問わないので時間があれば受講してみては。
  
-----------------------------

* 学習時間と勉強方法

 合計すると約1,000時間(全く勉強をしなかった日は無い)

 過去問がほとんど、多い科目は7回まわし、少ないもので4回

 必然的に早い時期に受ける労基法、労災法の回転は多くなった。

-----------------------------

* 失敗した勉強方法など
  
・焦り対策 
 迫ってくる本試験日、進まない学習進捗。誰にでも焦りが出て
きます。やるべきことは皆さん分かっていると思いますので、そ
れを確実に1日1日やるだけです。自分を信じましょう。

・難問奇問 枝葉末節
 学習が進むと、学習進路の幹から外れた枝葉末節にこだわって
きます。私も同様でした。これは時間の無駄です。過去問で問わ
れている以上の領域には、迷い込まないようにしてください。

-----------------------------

* 選択式の基準点確保のために

 選択式問題集を2~3回転しました。選択式問題を解くことは、
択一対策にもなります。1種類でよいので買って解くことは必要
です。当然択一が優先しますが。

-----------------------------

* 合格を振り返って

 無職だったので時間はありました。限りのある資金でしたが、
迷った本、講座は極力購入、受講しました。
 
-----------------------------

* これからのこと

 なるべく早めに(近い将来)個人事務所を開業したい。

* その他

・受験生は孤独です。同じ受験生で雑談を交わせる人を作って
ください。

・願書は郵送する前にコピーして、自室に貼って自己振作の材料
にした(受験票は8月になって郵送されるし、もし問い合わせが
あった場合は必要かと)。
     
-----------------------------

* 今年の本試験点数

【選択式】
 労基・安衛4点、労災5点、雇用4点、労一3点、社一3点、
 健保3点、厚年2点、国年2点
 総得点26点

【択一式】
 労基・安衛6点、労災10点、雇用8点、一般常識6点(労働3)
(社保3)、健保9点、厚年9点、国年8点
 総得点56点

« 合格体験記(14) | トップページ | 「すっきり年金講座」開講のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/50501325

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(15):

« 合格体験記(14) | トップページ | 「すっきり年金講座」開講のお知らせ »