« 合格体験記(5) | トップページ | 合格体験記(7) »

合格体験記(6)

本日の合格体験記は、dailyさん(女性・35歳・会社員)です。

-----------------------------
 
* 受験回数

  1回

* 学習方法

  1年目 通学(大原 入門完全合格コース)
 
-----------------------------       

* 使用教材

<基本書>

 大原テキスト

<問題集>

 大原トレーニング問題集 
 iDE条文順過去問題集 

<参考書>

 なし

<その他>

 大原・TAC・LEC・iDEの模試パックと各模試の特典の選択
式問題集(LEC・iDEの模試は自宅受験にして問題集として
使用)

 TAC過去問題集(労基法・労災法の1冊のみ購入)
 大原通学前に書店で購入し、結局1度流し読みをしただけで
したが、付属のブラインドシートの使い勝手が良く愛用してい
ました。

-----------------------------

* 学習時間と勉強方法

 6月まで 平日1時間(授業を除く)・休日2~4時間

 7月以降 平日3時間(授業を除く)・休日10時間

 細切れの時間は貴重なので、通勤電車内では常に過去問題集を
していました。その際、不明点があればその理由を書いた付箋を
貼り、帰宅後テキストで確認していました。

 雑音のある中での学習のおかげか(?)集中力もついたかなと
思います。

【6月まで】
 大原トレーニング問題集を中心にした授業の復習と,その
過去問出題箇所のテキストの読み込み。

 勉強時間があまり確保できなかったので予習はせず、その分を
復習に充てていました。

 当初、並行して選択式問題集をやってみるも全然解けなかった
ので、まずは基礎力をつけるため択一式問題集を優先的に行って
いました。

 この頃までは、その時の受講科目の復習だけで殆どの時間が
過ぎ、他の科目の復習まであまり出来ませんでした。

【7月以降】
 大原の択一式トレ問で学習していたため、大原の模試ではそこ
そこ点が取れるようになりましたが、他校の模試ではさっぱり点
が取れなかった為、勉強時間を大幅に増やし、iDEの条文順過
去問題集中心の学習に変えました(選択式は、引き続き大原の
トレ問を使用)。

 過去問を何回かやっていると、どの科目も間違える箇所は決ま
ってくるので、その箇所についてテキストを読み込み、それらの
問題だけ何回も繰り返し行い弱点を潰していきました(テキスト
に載っていないものは、iDEの問題集の解説部分をテキストに
書き込みました)。

 最終的には、iDEに載っている過去問と同じ問題が出題され
たら、全部答えられるくらいの自信がついたと思います。

-----------------------------

* 選択式の基準点確保のために

 大原の選択式トレーニング問題集は右側のページを記述式のつ
もりで読み、択一と同様に理解出来ていない箇所を中心に繰り返
し行いました。

 選択式は色々な問題を数こなし、うっすらとでも文章を記憶に
残すことが重要だと思い、模試の特典でついてきた各学校の選択
式問題集も繰り返し行いました。

 模試も選択式対策の為に4校申込みました。すべてを会場受験
にすると復習の時間が取れないので、大原とTACのみを会場受
験、iDEとLECは自宅受験にし、こちらは問題集として使用しま
した。そして、模試の際も普段と同様に選択肢を見ず解答する
ようにしていました。

 試験前日は、先生が言われていた、今まで受験した模試や模試
の特典で付いてきた選択式問題集を見直しました。選択の国年3
点は前日の見直しのおかげです。

-----------------------------

* 合格を振り返って

 6月に受験した大原以外の模試では合格ラインに遠く及ばなか
ったので、模試以降、勉強量を増やす為に家事を放棄し、主人に
多大な迷惑を掛けていたことが、来年もこれを繰り返すことは出
来ないというプレッシャーとなり良い結果に繋がったかもしれま
せん。

 そして、ラスト2か月の追い込みで知識量がかなり増えたので、
模試で合格ラインに達してなくても試験までは諦めず勉強するこ
とが大切だと思いました(実際に足きりにかかっていないのは、
大原の最終模試と本試験だけです)。

 また、先生が社労士試験は満点を取らなければならない試験で
はないとおっしゃっていたので、各科目7割を取ることを目標に、
基礎はしっかり難問は深追いしないことを心がけて勉強していま
した。

 本試験で足きりなく合格できたので、この考えは間違っていな
いと思います。
 
-----------------------------

* これからのこと

 健康保険関連の仕事をしていながら、労働保険は勿論のこと、
同じ社会保険の年金関連のことについても知識がなく、ついで
に年金等の質問をされても回答できず歯がゆい思いをしていた
のが、社労士の勉強を始めるきっかけでした。

 この勉強のおかげで、現在は、色々と対応できるようになって
きたので、今後も勉強を続け自信を持って仕事が出来るよう
になるのが理想です。

-----------------------------

* 今年の本試験点数

【選択式】
 労基・安衛4点、労災5点、雇用5点、労一3点、社一3点、
 健保4点、厚年4点、国年3点
 総得点31点

【択一式】
 労基・安衛8点、労災9点、雇用10点、一般常識7点、
 健保8点、厚年6点、国年8点
 総得点56点

« 合格体験記(5) | トップページ | 合格体験記(7) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/50188807

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(6):

« 合格体験記(5) | トップページ | 合格体験記(7) »