« 合格体験記(3) | トップページ | 合格体験記(5) »

合格体験記(4)

 本日の合格体験記は、川上さん(女性・33歳・会社員)です。

-----------------------------

* 受験回数

  1回

* 学習方法

  通学 資格の大原 速習コース 磯井先生の土曜の授業です  
 
-----------------------------       

* 使用教材

<基本書>

 大原のテキストのみ

<問題集>

 大原の問題集
 社労士V 佐藤としみの条文順 10年分過去問題集 

<参考書>

 なし

<その他>

 磯井先生のプリント
  欠席したときなどに借りた大原のDVD         

その中で特におススメのもの
 大原のテキスト
 磯井先生のプリント
 欠席したときなどに借りた大原のDVD  

-----------------------------

* 学習時間と勉強方法

 3月20日より テキストを手にし勉強開始しました。速修コース
(土曜全日)を受講していましたので、基本的にその週の講義の
範囲を1週間で復習し、トレーニング問題集をやっていく形式で
進めていました。
 初めは1週間で択一式、選択式の問題集をやっていましたが、
徐々に択一式対策のみになっていってしまいました。

 スタートした3月末~教科一通り終わりかけた7月中旬までは
一日4~5時間で、日曜は家族との時間と決め休んでいました。

 試験勉強中旬までは育児休暇でしたので、通学日は母に子供を
見ていてもらい通い、普段は子供が寝ている間に時間をとるよう
にしていました。
 
 7月初め?先生にそろそろ一日3教科ずつ問題を解くようにと
言われたころ、 やってみたら前に学習したはずの教科がさっぱ
りで・・・。大変あせりました。

 年金あたりも理解が不十分で、なかなか自分の頭の中で整理が
つかず7月に入ってからは本当にあせりましたが、やるしかない
と思い、問題を解いてテキストに書き込んだ汚い字(先生のコメ
ントをメモした文字)を必死に読み返したり、プリントを読み返し
て繰り返しでした。

 授業を録音等していなかったため、どうしも理解できていない
教科は大原の貸し出しDVDも利用しました。

 これも正直なところ講師の先生によって分かりやすさは違いま
したが、某講師の方の説明は分かりやすかったですし、毎週の
磯井先生のインパクトに残るお話と連動しました。

 それでも7月末の模試では選択式対策ははまだ勉強してない
からいいんだ・・・、と割り切って自分を励ますほどぼろぼろ。
択一式も5割取れなかったです。

 あと1か月無い、今年は無理かも・・・と弱気になりましたが、
せっかく数か月でもやったんだからと思い、磯井先生の「今は
取れなくてもいいんです。本番さえ取れれば良い」という言葉を
自分に言い聞かせ8月は、一日10時間程はやっていました。

 直前2日間は全教科見直しなさいというアドバイスも信じて、
3日間時間をとりましたが、そこでも「これどういうことだっけ?」
が出てきて大原に電話質問したり、あせりながら講義のDVD
みたり。

 前日ゆっくり寝ていい人は既に知識を入れた人だけだ、私は
まだ知識を入れてる方だからやらなきゃ、と休むことなく勉強
しました。

 特に選択式の対策はできす(択一が対策になるだろうと。本当
は時間がなかったのですが)、当日も電車のなかで各教科メイン
になるような条文は必死でおぼえました。

 集中力はあるほうだと思うので、電車のなかのこの時間に覚え
た条文が、ラッキーとしかいいようがないですが、選択式で2、
3問でました。

 初め先生にいただいたプリントに 努力と少しの運!少しの運
を引き寄せられるように日々努力してください。この言葉を信じ
てギリギリまであきらめなかったのが、一番の合格要因です

 あとは、色んなものに手をつけず、私は時間がないから大原を
信じてこれしかやらないと。テキストのどこに何が書いてあるか
頭に浮かぶまで大原のテキストに専念したのが良かったと思って
います
  
 選択式の国年1点死守できたのは、前日にテキストを端まで読
み込み、頭の中でかすかにあやふやでしたが残っていた年号が
正解したから合格できました。

 やはり、先生方がやると良いと言われたことは素直に実践する
事をお勧めします(特に初学で時間に余裕のない方)。
 
-----------------------------

* 失敗した勉強方法など

 時間が無い方は、テキストを通して読んでから問題を解くこと
よりは、細かく切って、少し読み進めたらそのつど問題解いた方
がいい(問題解いてからテキストでもいいかも)。

-----------------------------

* 選択式基準点確保のために

 択一式対策が選択式対策になりますが、メインの条文は覚える
といいと思います。

 テキストの択一ではふれないかな?と思う箇所も、ひととおり
テキストを読むこと。1回でも読んでいたら、かすかにでも記憶
があるはず。

 私はこれで国年ギリギリ1点取りました。他は5点や4点で
31点でしたが、本当に国年1点取れててよかった。

-----------------------------

* 合格を振り返って

 社労士の受験科目もわからず通信講座でもとろうかと考えてい
ましたが、本当に速修コースに通いよかったです。

 教材も勉強進めるスピードもわかり、大原に入ってなかったら
合格はなかったです。 

-----------------------------

* これからのこと

 実務経験がないので研修にいけるの楽しみにしています

* その他

 本当にありがとうございました。先生にお会いできて良かった
です。

 正直、講師によって分かりやすさが違います。一度土曜欠席し
補講を受けた時に全然分からない・・・。そのときにDVDを借
りましたが、その講師の方も磯井先生同様分かりやすかったです。

 あと、再度選択式対策の先生もよかったので、落ちていたら
また磯井先生か選択式の時の講師の方のどちらかで曜日のあう
先生の授業を取ろうと決めていました。

 本当にありがとうございます。磯井先生のお言葉を信じてがん
ばりよかったです 
     
-----------------------------

* 今年の本試験点数

【選択式】
 労基・安衛5点、労災5点、雇用4点、労一4点、社一4点、
 健保4点、厚年4点、国年1点
 総得点31点

【択一式】
 労基・安衛8点、労災9点、雇用10点、一般常識5点、
 健保5点、厚年6点、国年7点
 総得点50点

« 合格体験記(3) | トップページ | 合格体験記(5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/50125878

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(4):

« 合格体験記(3) | トップページ | 合格体験記(5) »