« 合格体験記(2) | トップページ | 合格体験記(4) »

合格体験記(3)

 本日の合格体験記は、QTOさん(男性・55歳・会社員)
です。

-----------------------------

 まずは、大原の先生・クラスの方々へありがとうございました。
授業中は、いびきをかいて居眠りしていたので、迷惑をかけたと
思います。この場を借りて、お詫びいたします。

 
* 受験回数

  9回(1回目は、この試験がどんなものなのかを確認のため
     受験)

* 学習方法

 1年目 独学と某新聞社のカルチャースクール通学(役に立た
     なかった、講師の自慢話と科目のさわりだけ、市販の
     テキストを押し付けられたという印象を受けました)

 2年目 大原名古屋へ入門完全合格コース通学(専門用語等
     言葉がわからず、授業についていけなかった。大原
     の授業以外では、勉強しなかった)

 3年目 大原通信(お金が続かず、やむなく通信で継続と思
     っていたが、結局何も出来ず2年目と同じ)

 4年目 大原名古屋上級コース通学(心を入れ替えてと思う
     も空回り、仕事が忙しいと言い訳の森に入る)

 5年目 大原名古屋上級コース通学(少しは、生活リズムに
     勉強する時間を取り入れる)

 6年目 大原名古屋上級コース通学(ようやく、授業について
     いけるも、点数が取れない、伸びない。結局、問題集
     をやらないことが原因)

 7年目 大原名古屋完全合格コース通学(教育訓練にて少し
     でも経済的負担を減らす。予備校の予想では、足切り
     なく合格圏内へ。発表後に択一合計点2点足らず。
     自分の力不足を知る。)

 8年目 大原名古屋上級コース通学(家では勉強が出来ないの
     で、毎日、大原で過ごすように生活リズムを大幅に変
     更する。←今年の勉強方法とほぼ同じ)

 9年目 大原名古屋上級コース通学とiDE社労士塾通信(テ
     キストの解説部分が欲しいため、iDE通信を申し込
     みました)

-----------------------------       

* 使用教材(9年目に使用したもの)

<基本書>

 大原テキスト(余白があり、自分なりのテキストにできる) 

<問題集>

 大原問題集+iDE社労士塾の条文順過去問題集(解説部分を
 選択式対策として利用。)

<参考書>

 iDE社労士塾通信のテキスト(細かく解説あり参考書として
 は良い。テキストとしては、自分には合わなかった)

<その他>

 「やまねこが行く」HP(わかりやすい、気晴らしができる)
 iDEのホームページの1日1問(1年間、毎日実施)
 iDE社労士塾ジャーナル(法改正、統計、一般常識問題など
 内容が濃い) 

-----------------------------

* 学習時間と勉強方法

 9年目に実施したことを中心に書きます。

[学習時間]

 9月から試験日直前までの間、平日は、1日3時間を目標、
土日祝日は、8時間を目標とした。

[勉強方法]

 朝、起きたら直にiDEの1日1問を毎日実施、その時必ず
解説を読む。

 やまねこが行くHPを見る。

 通勤時間には、iDE社労士塾CDを聞く(大原のMP3は、
ビデオから収録したものなので聞きづらい)。

 月、木、土及び日曜は、大原に通学し講義を受けた。基本授
業は、月木の夜にし、インプットに努める。土日は、復習とし
て再受講し内容の理解に努めた。

 講義がないとき(火、水及び金曜)は、自習室にて択一問題
集でアウトプット。

 大原から帰宅し寝る前には、その日に大原でやらなかった
科目の択一問題を数問実施した(家では、数十分足らずの勉強
でした)。

 試験の10日前(もちろん自習室で)は、月曜から金曜日に
年休を取り、全科目のテキストを読込み、選択、択一問題集で
内容を確認することをしました。

 数字の暗記項目、模試でできなかった問題等は、その時、併
せて総復習を実施した。

-----------------------------

* 失敗した勉強方法など
  
 書店で売っている、一般総合書、月刊誌は、やめたほうがいい。

 結局、お金と時間の無駄となった。時間的にできない。記載間
違いも多い。

-----------------------------

* 選択式の基準点確保のために

 選択式問題集を練習するときは、はじめから選択肢を見ない。
頭で空白に入る言葉が浮かぶまで練習する。できれば、メモ用
紙に記述する。

 他の部分の言葉が抜かれた場合は、どこが抜かれるか考える
(特に、択一正解問題で選択に出たと想像して問題にあたる)。

 本試験では、何が起こるか分からない(今年の選択健保のAは、
どうしてこんな回答をしたのか未だに不明)。

-----------------------------

* 合格を振り返って

・「いつも先生がおしゃっているとおり、基本事項の理解と記憶、
 みんなが出来るところを間違わないようにする(細かなところ
 に入り込まない。試験に受かるためだけの勉強方法へ変更)」
 =覚えることが多いので効率よく実施すること。

・「試験勉強に取り組むための生活リズムを作り上げる」
  =勉強しなければならない環境に自分を追い込む。

・「先生に質問し、自分の覚えたこと、わからない部分を確認
  する」=間違って、あるいは勘違いしていることがあったの
  で確認をしました。遠慮する必要ない。

・先生の言うことをとりあえずやってみる。

・他校の模試は、受けるべき(ただし、復習を忘れずに)。

・7割の出来で合格であれば、8割を目標に勉強をしたこと。

・それから、一番大切なことは、あきらめないこと。 
 
-----------------------------

* これからのこと

・来年は、事務指定講習を受ける。と同時に簿記、行書の資格
 取得を目指す。開業できる資金を貯める。その後、めでたく
 開業・・・・うまくいくかどうか!

・合格したらやりますと家族に約束していた部屋の掃除、片づけ。

・知識の維持・拡張には、努めていくつもりです。

* その他

 今回の合格発表は、足切りにあっているので、年休を取り家で、
朝8時30分発表の電子官報で受験番号を確認しました。

 見つけたときは、本当に感激しました(嬉泣き、今までの苦しみ、
悔しさ等々が蘇りますよ。そして日に日に嬉しさが込み上げてき
ました)。
     
-----------------------------

* 今年の本試験点数

【選択式】
 労基・安衛3点、労災5点、雇用5点、労一4点、社一3点、
 健保2点、厚年4点、国年3点
 総得点29点

【択一式】
 労基・安衛8点、労災8点、雇用8点、一般常識5点、
 健保8点、厚年7点、国年7点
 総得点51点

« 合格体験記(2) | トップページ | 合格体験記(4) »

コメント

 大瀧さん、うっきーさん

 いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。

 私の周りでも50歳代後半から60歳代で試験に合格し、開業
して活躍されている方、何人もいらっしゃいます。

 私が申し上げるのもおこがましいですが、何かを始めるのに
遅いということはないと思います。

55歳のQTO様それから62歳の合格者様おめでとうございます。大原の大阪校に通い私も今年合格しました。年齢は59歳です。そして、来年には定年を迎えます。この年での再出発は非常に厳しいものがありますが、決して遅くはないと思っております。この一年間そして本試験日の最後の一瞬まで NEVER GIVE UP で頑張ってきました。これからも、この気持ちを忘れないで前に進むつもりです。お互い頑張りましょう!

55歳の会社員様、合格おめでとうございます。私より受験回数の多い方がおられたことにビックリしました。私は、8回受験して今回、やっと合格しました。でも、私は62歳で、すぐ63歳ですから先はありません。貴方の年齢で合格しておれば、司法書士か中小企業診断士に挑戦したなと思います。頑張ってください。お互いに長いこと頑張りましたね。

 さいとうさん

 ブログを読んで頂いてありがとうございます。

 来年の8月まで、晴れの日もあり雨の日もあるでしょうが、
目標をしっかり見据えて努力を継続していってください。

初めて投稿します。今年2月に社会保険労務士を目指すための勉強を独学で初めましたが、不合格でした。選択18点、択一41点でした。基礎不足を実感しました。毎週日曜日だけは仕事が休みですので、思い切って通学する決意をし9月の復習コースから講座を受講させていただいています。来年私もここに合格体験記を載せさせていただけるようペースを崩さず勉強を進めます。
8月の試験まで宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/50098120

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(3):

« 合格体験記(2) | トップページ | 合格体験記(4) »