« 基本手当の受給要件 | トップページ | 年次有給休暇 »

被保険者の保険料(健保)

健保19-6
 被保険者の保険料は月を単位として徴収され、資格取得日が
月の最終日であってもその月分の保険料は徴収され、資格喪失
日が月の最終日であっても原則としてその月分の保険料は徴収
されない。

■■解説■■

 11月の科目別講義に入るまでは、入門講義の知識だけで解
ける過去問シリーズを続けていきます。

 なお、「19-6」というのは「平成19年の6番の問題」という意
味です。

-----------------------------

 結論から言うと、この文章は○です。

 まず、健康保険の保険料は日割り計算はしません。

 例えば、10月1日に入社した人も、10月31日に入社
した人も「10月分」の保険料を徴収されます。

 これが問題文の前段の話です。

-----------------------------

 では、いつからいつまで保険料を徴収されるかというと、

       資格取得日が属するから

      資格喪失日が属する月の前月まで

です。

 注意しなければいけないのは、資格喪失日というのは退職等
をした日の「翌日」
であるということです。

 例えば、10月5日に退職した人の資格喪失日は、5日の翌日
である「10月6日」になります。

 その資格喪失日が属する月の「前月まで」保険料を徴収する。

 10月5日に退職した人は、10月6日が属する月(10月)の
前月、つまり9月まで保険料を徴収されるということになります。

 ですから、資格喪失日が月の最終日であっても原則としてその
月分の保険料は徴収されません。

 なお、この文章が「退職日」が月の最終日であっても‥‥と
なっていれば、退職日が月の最終日ということは資格喪失日は
翌月1日になりますから、翌月の前月、つまりその月分の保険
料は徴収されることになりますので、注意しましょう。
 
-----------------------------

本問の答え>○

« 基本手当の受給要件 | トップページ | 年次有給休暇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/49654833

この記事へのトラックバック一覧です: 被保険者の保険料(健保):

« 基本手当の受給要件 | トップページ | 年次有給休暇 »