« 傷病補償年金 | トップページ | 教育訓練給付金 »

障害基礎年金

国年12-6
 障害基礎年金は、初診日から起算して1年を経過した障害認
定日における障害等級が1級及び2級の者に支給する。

■■解説■■

 障害基礎年金の支給要件は、3つありました。

-----------------------------

one 初診日要件

two 障害認定日要件

three 保険料納付要件

です。これらはいずれも基本事項ですので、その中身はしっかりと
言えるようにしておきましょう。

-----------------------------

 本問で問われているのは、このうちtwo障害認定日要件における
障害認定日の定義です。

 障害認定日とは、

1 初診日から起算して1年6か月を経過した日

2 1の期間内にその傷病が治った場合は、その治った日

 のうち「どちらか早い方の日」です。

 ここで労災の障害補償年金を思い出してもらいたいのですが、
労災の障害補償年金は「治ゆ後」の保険給付でした。つまり、
「治ゆ」しない限り支給されることはありません。

 それに対して、国民年金の障害基礎年金(厚生年金の障害厚生
年金も同じですが)は、仮に「治ゆ」していなくても、初診日から
1年6か月経った時点で障害認定して年金を支給します。

 違いに注意しましょう。 

-----------------------------

 本問は、単純に「1年6か月」が「1年」と変えられて×という
問題です。

本問の答え>×

« 傷病補償年金 | トップページ | 教育訓練給付金 »

コメント

やまねこ先生、迅速にご丁寧にご回答くださり、誠にありがとうございました!よく判り、勉強の励みになりました。これからも、ブログ楽しみに読ませていただきます。

 ウォンバットさん

 ブログを読んで頂いてありがとうございます。

 まず結論から申し上げますと、おっしゃるとおりその場合
基準傷病による障害厚生年金に該当することがありえます。

 問題なのは、実際に出題されたときにどう見分けるのかと
いうことだと思うのですが、試験対策という点に絞って言え
ば、「明らかにそれが基準傷病のことを訊いている問題でな
ければ、併合認定の問題として解く」ということでよいと思います。

 過去の出題実績を見ると、併合認定の方が基準傷病よりも
圧倒的に多く出題されていますし、基準傷病の出題のときは
「これは基準傷病を訊いているんだ」と問題文から読み取れ
るように出題されていることがほとんどだからです。

 あまり悩み出すと確かに難しい問題になってしまうので、
これくらいで割り切って問題には対応すればよいのではない
でしょうか。

はじめまして。私は大阪のO原通学生で、今回の社労士受験に初挑戦した者です。昨年から、やまねこ先生のブログをたまたま見付け、拝読させて頂いております。試験結果はまだですが、国年の選択がダメだったので、再チャレンジするべく、今年は通学は仕事と家の都合で難しい為、通信を考えていまして、9月から社会科目から復習し始めています。
やればやるほど、疑問点が色々出てきて、誠に失礼ながら、質問させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
障害厚生年金の基準傷病と併合認定についてなのですが、従前が当初から3級(国年不該当)の場合、後発と併合して1・2級に該当しても、併合認定されるか否か(基準傷病のことを問うているのか、併合認定のことなのか)の判断が判らなくなってしまいました。H2109Aの問『その権利を取得した当時から障害等級3級に該当する程度の障害により障害厚生年金を受給している者に対してさらに障害厚生年金を支給すべき事由が生じたときは、前後の障害を併合した障害の程度による障害厚生年金を支給するが…』に、もし「65歳前日までに該当・請求」と入っていた場合は、となるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/49775992

この記事へのトラックバック一覧です: 障害基礎年金:

« 傷病補償年金 | トップページ | 教育訓練給付金 »