« 被保険者(国年) | トップページ | 障害基礎年金 »

傷病補償年金

労災16-5
 傷病補償年金又は傷病年金は、当該傷病に係る療養の開始後
1年6か月を経過した日以後において当該傷病が治っておらず、
かつ、当該傷病による障害の程度が厚生労働省令で定める傷病
等級に該当する場合に、請求に基づき支給される。

■■解説■■

 入門講義でもわかる過去問シリーズが続いていますが、これ
らを見てもわかるように本試験では非常に基本的な問題も数多
く出題されています。

 これらの積み重ねが合格へ近づく一歩となります。 

-----------------------------

 まずは、傷病補償年金の支給要件3つを確認しましょう。

one 療養開始後1年6か月経過

two 治ゆしていない

three 傷病等級1級~3級に該当

でした。問題文では「厚生労働省令で定める傷病等級」という
言い方をしていますが、これが1級~3級のことです。 

-----------------------------

 そして、傷病補償年金において最もよく訊かれると言っても
よいポイントは、

    支給決定が政府の職権により行われる

ということです。

 つまり、傷病補償年金以外の保険給付は「私に保険給付を
してください」と請求しなければ支給されないのに対して、
傷病補償年金だけは政府(具体的には、所轄労働基準監督
署長)が職権で支給の決定をします。

 自分で請求する必要がないのです。ここはしっかりと押さえ
ておきましょう。

-----------------------------

本問の答え>×

« 被保険者(国年) | トップページ | 障害基礎年金 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/49747722

この記事へのトラックバック一覧です: 傷病補償年金:

« 被保険者(国年) | トップページ | 障害基礎年金 »