« 被保険者の保険料(健保) | トップページ | 被保険者(国年) »

年次有給休暇

労基20-5
 労働基準法第39条に基づく年次有給休暇の権利は、雇入れ
の日から3か月しか経たない労働者に対しては発生しない。

■■解説■■

 問題文に「○○法第△△条」と出てくることがありますが、
これは意識して暗記しなくても大丈夫です。

 繰り返し問題を解いていると、よく出てくるものは自然に覚
えますし、この部分で誤りを作る問題もほとんど出題されない
からです。 

-----------------------------

 年次有給休暇の発生要件です。

 会社に入った人に最初に発生する年次有給休暇の要件は、
以下の2つでした。

        one 雇入れ後6か月間の継続勤務

        two 全労働日の8割以上の出勤

 この2つの要件を満たすと、

                10日

の年次有給休暇を取る権利が発生します。

 数字がいくつか出てきますので、ここをしっかりと押さえて
おきましょう。

-----------------------------

 6か月以後継続勤務した場合のことは、授業の中ではお話し
しましたが体系講義のテキストには載っていませんので、11月
からの科目別講義の時に覚えて頂ければ結構です。

本問の答え>○

« 被保険者の保険料(健保) | トップページ | 被保険者(国年) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/49681195

この記事へのトラックバック一覧です: 年次有給休暇:

« 被保険者の保険料(健保) | トップページ | 被保険者(国年) »