« やはり最後は‥‥ | トップページ | いよいよ収穫の時です »

あと2週間です

 死ぬほど勉強してください。最後の直線、ここが勝負です。

 きれいに合格しようなんて思わないでください。

 ボロボロになろうが、首の皮一枚であろうが、合格した者が勝ちです。

 それが全てです。

-----------------------------

 自分が受験したときは、この時期はとにかく今までの書き込みがいっ
ぱい詰まった基本テキストを繰り返し繰り返し読んで暗記に努めていま
した。

 「ここに自分が1年間勉強した全てがあるのだから、これ以上のもの
はやる必要はない」

 と勝手に決めつけて、ひたすら読んでいました。

 夜中に科目の内容が夢にまで出てくるようになると、あなたも立派な
社労士受験生ですhappy01

« やはり最後は‥‥ | トップページ | いよいよ収穫の時です »

コメント

昨年の今頃は毎日必死でした!
択一式は一定の自信が付いていましたが、選択式はどれだけやっても不安が残っていました。
結局、本番で労基・安衛、労災の2科目2点が出てしまい発表までは暗い気持ちが続きました。でも救済のお蔭で・・・!
反省を込めて選択式は「その問題がどの論点を問うているのか?」つまりテーマを整理しながら答える習慣が必要と思っています。試験終了の合図があるまで粘り抜いた人にだけ朗報が届きます。頑張ってください!


 大瀧さん

 確かに、特別加入の不承認に関する処分も厚生労働大臣に審査
請求しますが、この処分については不服申立前置主義は採られて
いません。

 つまり、厚生労働大臣に対して審査請求をすることができる場
合であっても、直ちに取消しの訴えを提起することができます。

 よって、この問題文のAの空欄の答えにはなりません。

1年間の講義ありがとうございました。先生からいただいたレジメは、全てテキストに切り貼りさせていただきました。さて、昨日の選択式対策の労災の3問のAですが、特別加入の承認に関する件も大臣に直接審査請求するのではないですか。私のテキストには、①、②以外の処分の決定の例として特別加入の承認が認められなかったときの不服申立が該当するとメモしてあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/49111008

この記事へのトラックバック一覧です: あと2週間です:

« やはり最後は‥‥ | トップページ | いよいよ収穫の時です »