« 22年本試験選択式について | トップページ |  「障害年金事例研究」研修開催のお知らせ »

22年本試験択一式について

今年の択一式試験について、私の思うところを書きます。

 既にO原の公式見解がウェブサイトに出てますので、ここで私
がどうこう言っても仕方ないのかもしれませんが、私個人の考え
を書きます。

-----------------------------

 まず、全体的に見ると「選択式に比べたら」それほど難易度は
上がっていないと思います。

 ただ、ここ2年位の択一式の問題と比較すると若干難しめかな
と思います。

 では、科目ごとに見ていきます。

 できて欲しい問題を◎、難しめの問題を△、その中間を○で
表していきます。

[労基・安衛]

 労基は基本的な問題が多かったと思います。その分、(いつも
のことですが)安衛でやや突っ込んだ所からの問題が見られまし
た。

 ただ、労基でしっかり取っていけば問題はないでしょう。

1◎ 2◎ 3◎ 4○ 5◎ 6◎ 7◎ 8△ 9△ 10○
 
-----------------------------

[労災・徴収]

 問3のような「?」という問題もありましたが、特に問題はない
でしょう。

1◎ 2◎ 3△ 4◎ 5◎ 6△ 7○ 8○ 9△ 10◎

-----------------------------

[雇用・徴収]

 基本的な問題がほとんどです。

1◎ 2○ 3◎ 4○ 5◎ 6◎ 7△ 8◎ 9◎ 10◎ 

-----------------------------

[一般常識]

 前半の労一は統計等に偏った問題でした。労働契約法を最後に
見て、ホッとした方も多かったのではないでしょうか。

 数年前にもあったのですが、この手の問題は思ったより全体の
出来がいいんですよね。

 本当に不思議です。知識として入れていた方は少ないと思われ
るのに、正答率はそんなに悪くない。現場で考えてなんとか正解
にたどり着いている、ということなんでしょう。

 後半の社一は、過去問で出ていない初出の問題もちらほらあり
少し難しめだったのではないでしょうか。

 個人的には、択一で一番難しかったのがこの一般常識だったと
思います。

1△ 2△ 3△ 4△ 5◎ 6△ 7○ 8○ 9△ 10◎

-----------------------------

[健保]

 各資格学校が指摘しているように、問2、問4に疑義もあります
が、普通の難易度ではないでしょうか。
 
1◎ 2△ 3◎ 4△ 5○ 6◎ 7○ 8◎ 9○ 10○

-----------------------------

[厚年]

 問8、問9は難易度が高いと思われますが、それ以外は特に
問題はないと思われます。

1○ 2◎ 3◎ 4◎ 5◎ 6△ 7○ 8△ 9△ 10◎

-----------------------------

[国年]

 問10-解なし。「孫」を入れ忘れたのでしょうか。ふざけてます。

1◎ 2○ 3○ 4△ 5◎ 6○ 7○ 8◎ 9◎ 10×

----------------------------

 そうすると、◎32問、○19問、△18問となります(国年
問10は没)。

 ◎問題は9割はできて欲しいので、32×0.9≒29点
 ○問題は半分として、      19×0.5≒10点
 △問題は正解率2割として、   18×0.2≒4点

 合計して、43点+没問1点=44点。

 とすると、

 択一44~45点、選択24~25点(国年2点又は1点救済)

 こんな辺りかと、予想してみました。冒頭でも書きましたが、
これはあくまでも私の個人的な予想ですので、参考程度に聞いて
おいてください。

 引き続き、みなさんの「本試験に対する感想」をコメント欄で
お聞かせください。

« 22年本試験選択式について | トップページ |  「障害年金事例研究」研修開催のお知らせ »

コメント

 ひろりんさん

 3度目の正直という言葉もあります。今年こそ合格できるよう
祈りましょう。

 いちごさん

 絵馬はみなさんに効果があったのか、なかったのかcat
 どうなんでしょうね? 

先生の絵馬の写メをケータイの待受に、試験に臨みました。
「自分ゎ受かるんだ」と楽しみながら試験を受けることができました。ぁりがとぅござぃました。

自己採点結果ゎだめでした(択一の健保むずかしかったです)ので、また先生の授業を受けたぃなぁーと考ぇてぃるところです。

先生の日曜日の授業を受けてました。

先生が書かれたとおり、やはり、選択の国年をみて、「O点かも・・・」とあきらめかけました。
先生のプリントを必死に頭に浮かべて・・なんとか(本当になんとかですが)結果2点は死守できました。

択一も必死にくらいつき、結果、択一は53点(解なし含む)で、選択国年の救済次第です。

これで3度目ですが、前回、前々回の試験は、「選択救済待ち→救済なし」で不合格。

ですので、この状態で発表までの約70日間を過ごすのは、結構つらいものです。

「結果はどうであれ、「0点かも・・」と思った科目で自分が点数を取れたこと、そして凹んだ気持ちでも、択一にくらいついたことで満足しようぜ!」とわけのわからない納得をしながら、毎日をやり過ごしている次第です・・・。

 dailyさん

 コメントありがとうございます。

 マークミスを心配されていた方で、本当にマークミスがあって
不合格になった方は今まで見たことがありませんので、まず大丈
夫でしょうhappy01
 

途中からですが、先生の月木夜のクラスでお世話になりました。
自己採点では、選択31点・択一51点(没問含まず)足きりなしなので、マークミスがなければなんとかいけそうです。マークミスをたまにやらかすので、11月まで不安ですが・・・。
択一では、統計問題が苦手な私にとって一般常識が一番の難問でした。最初数問見たときからマズイと思っていたので、自己採点するまではかなり不安でしたが、残りで(最初3問はやはり全滅)なんとかという感じです。
選択の国年は、最後の授業で先生が話されてた試験前日の受験した模試の選択問題の読み返しを実践したことで、なんとか3点を死守できました。
選択3点の科目が幾つかあるので、マークミスがない事を祈るばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/49258107

この記事へのトラックバック一覧です: 22年本試験択一式について:

« 22年本試験選択式について | トップページ |  「障害年金事例研究」研修開催のお知らせ »