« 育児休業給付金 | トップページ | 時効(労災) »

保険料の徴収(健保)

健保16-7
 4月1日に就職し被保険者資格を取得して4月15日に退職した
者が、4月25日に同じ報酬月額で再就職し資格を取得した場合、
4月分の保険料は2か月分算定される。

■■解説■■

 最近「ブログ読んでます」と声をかけてくださる方が増えています。

 ランダムに過去問を選んでいますので、自分が忘れかけている
分野を思い出すきっかけにしていただければと思います。

 これからの時期は

   「毎日(少しでもいいので)複数科目に触れるbook

ことを心がけましょう。

-----------------------------

 まずは、原則から。

 健康保険の保険料は、いつからいつまでの月について徴収されますか。

 資格を取得した月から、資格を喪失した月の前月まで

です。

-----------------------------

 そうすると本問の人は、

 資格を取得した月(4月)から、資格を喪失した月の前月(3月)まで

保険料を徴収する?。これはおかしいですよね。

 ですからまず、

 同一月内に資格の取得と喪失がある場合は、喪失月であっても
保険料が徴収されます

 つまり、本問の人については、4月(だけ)の保険料が徴収される
ということになります。

-----------------------------

 では、更に本問の人が4月に更に資格を取得した場合はどうなるか。
これが本問の訊いているポイントです。

 資格の得喪(取得と喪失)が2回以上に及ぶ場合には、1か月に
つき2か月分の保険料を負担することがあります。

 つまり、本問の人は、4月について、前の会社と今の会社とで2回
健康保険料を取られることがあるということです。

 ここで科目横断します。

 厚生年金保険においては、資格の得喪が2回以上に及ぶ場合で
あっても、徴収される保険料は1か月につき1か月分です。

 年金額の計算の基礎となる平均標準報酬額を出すときに、1か月に
2つの標準報酬月額が存在すると困る、と覚えておくと混同しないでしょう。

-----------------------------

本問の答え>○

« 育児休業給付金 | トップページ | 時効(労災) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/48626099

この記事へのトラックバック一覧です: 保険料の徴収(健保):

« 育児休業給付金 | トップページ | 時効(労災) »