« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

労働基準監督官の権限

労基20-7
 労働基準監督官には、事業場、寄宿舎その他の附属建設物に
臨検し、帳簿及び書類の提出を求め、使用者や労働者に対して
尋問を行う権限が認められている。

■■解説■■

 本試験願書の提出は今日までです。

 実際に受験票が送られてくるのは結構先になります(8月に
入る頃)。

 毎年「自分のところには受験票が送られて来ないんだけど
大丈夫だろうか?」というお尋ねを頂きますが、それまでは
試験センターから何の反応もないのが普通ですので安心しま
しょう。

続きを読む "労働基準監督官の権限" »

日雇特例被保険者

健保19-1
 臨時に使用される者であって、5週間の雇用契約で働いてい
た日雇特例被保険者が、5週間を超えて引き続き使用されるに
至った場合、5週間を超えたときから一般被保険者となる。

■■解説■■

 日雇特例被保険者とは、適用事業所に使用される日雇労働者
をいいます。

続きを読む "日雇特例被保険者" »

特別支給金

労災17-3
 特別支給金は、もともと事業主がその使用する労働者又は
その遺族に対して行う例が多かったいわゆる「上積み補償」
に由来するものであるので、特別加入者には支給されない。

■■解説■■

 特別支給金については、それぞれの給付の細かい内容
(支給額等)は、最近全く訊かれません。

続きを読む "特別支給金" »

死亡一時金

国年15-8
 第1号被保険者の死亡により、その死亡日に遺族基礎年金
を受けることができる遺族は、遺族基礎年金又は死亡一時金
を選択して受給できる。

■■解説■■

 この死亡一時金、そして付加年金、寡婦年金、脱退一時金は
本試験での出題頻度が非常に高い制度です。

 毎年どれかが出題されます。今年もどれかが出題されるでしょう。

 過去問の焼き直しが出題されることがほとんどですので、しっかり
得点源にしてください。 

続きを読む "死亡一時金" »

教育訓練給付金

雇用16-6
 過去に教育訓練給付金を受給したことがある者は、過去の受講
終了日以降の支給要件期間が3年以上にならなければ、新たに教
育訓練給付金を受給する資格を有しない。

■■解説■■

 願書の提出期限が近づいてきています。忘れないように提出し
ましょう。

続きを読む "教育訓練給付金" »

在職老齢年金

厚年20-10
 60歳台前半の老齢厚生年金の受給権者が被保険者である
場合、その者の総報酬月額相当額と老齢厚生年金の基本月額
との合計額が28万円以下のときは、年金の支給停止は行わ
れない。

■■解説■■

 先日リクエストを頂いた在職老齢年金制度の問題です。

続きを読む "在職老齢年金" »

就業規則

労基17-6
 新たな就業規則の作成又は変更によって、既得の権利を奪い、
労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは、原則とし
て、許されないと解すべきであるが、労働条件の集合的処理、
特にその統一的かつ画一的な決定を建前とする就業規則の性質
からいって、当該規則条項が合理的なものであるかぎり、個々の
労働者において、これに同意しないことを理由として、その適用
を拒否することは許されないと解すべきであるとするのが最高裁
の判例である。

■■解説■■

 連休中は予定通り勉強ができたでしょうか?。

 本試験まであと約100日です。

続きを読む "就業規則" »

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »