« 労働条件の明示 | トップページ | 傷病補償年金 »

共済組合の特例

健保20-2
 法律によって組織された共済組合の組合員は、共済組合の組合員
の資格を有したまま健康保険の被保険者となることはない。

■■解説■■

 この問題は、健康保険の場合と厚生年金の場合を対比で押さえて
おきましょう。 

-----------------------------

 健康保険の場合、共済組合の組合員(公務員)は、健康保険と
共済の医療保険と二重適用になります。

 つまり、「健康保険の被保険者」と「共済の組合員」の2つの身分を
有することになります。

 では、両方の医療保険制度から保険給付が受けられるかというと、
そうではありません。

法第200条
 国に使用される被保険者、地方公共団体の事務所に使用される
被保険者又は法人に使用される被保険者であって共済組合の組合員
であるものに対しては、この法律による保険給付は行わない。

 共済に入っている人には、共済からだけ保険給付が行われ、健康
保険からは保険給付が行われません。よって、健康保険に保険料を
支払うこともありません。

 つまり、法律上形式的に二重適用になっているだけで、事実上は
共済にだけ保険料を支払い、共済からだけ保険給付が行われるとい
うことになります。

-----------------------------

 これに対して、厚生年金保険法では、共済の組合員は適用除外
です。

厚年法12条
 次の各号のいずれかに該当する者は、(中略)厚生年金保険の
被保険者としない。

一、国、地方公共団体又は法人に使用されるものであって、次に
  掲げるもの
(中略)
ロ 法律によって組織された共済組合の組合員(以下略)

 つまり、そもそも共済の組合員は厚生年金保険の被保険者になる
ことはありません。

-----------------------------

本問の答え>×

« 労働条件の明示 | トップページ | 傷病補償年金 »

コメント

合瀬も46歳で勉強を開始し、4度目の正直で合格しました。けんさん、Qtoさんの早期合格を心からお祈り致します。やまねこ先生のアドバイスを終え、蛇足ですが、年齢については同境遇であることに気付いたので遅れツッコミ致します。
本日、支部代表選手として県会主催ボーリング大会に出席しました。賞は取れませんでしたが、社労士の神様達(合瀬は未だ受験生気分が抜けない)と話が出来て、とても充実してます。

 けんさん

 ブログを読んで頂きありがとうございます。

 同じような悩みを抱えている方もいらっしゃると思いますので、ここに
書きますね。

 昨年の合格者の最高齢者は76歳です。76歳の方を前にして、46歳
のけんさんが「記憶力が衰えて‥‥」なんて言えないですよね。

 確かに若い頃と比べれば記憶力が衰えているのかもしれませんが、
それを補う今まで生きてきた経験がけんさんにはあるはずです。

 それともう1つ。けんさんは、社労士資格を取って何をしたいので
しょうか?。資格を取ることが目的なのでしょうか?。

 社労士がダメだから、行政書士とか宅建を取ろうというのは本末転倒
です。

 自分が社労士の仕事をしたいのか、行政書士の仕事をしたいのか。
何がしたいのか。そこをしっかり決めてから、そのための資格を取ると
いうのが筋ではないでしょうか。

 少しきつい言い方になりました。ごめんなさい。合格できる気持ちに
満ち溢れて勉強している人なんていません。みんななんらかの不安を抱
えながら勉強をしています。

 けんさんもその不安に負けずに努力していけば、きっと明るい道が
開けると思います。

私もちょうど46歳で勉強を始めたものです。
残念ながら、合格はできていませんが、今年(毎年そう思っていますが)は、絶対合格するぞという気持ちで、今まで頑張っています(もう8回受験を経験しました)。確かに、若いころに比べると記憶力も落ち大変だと思いますが、その分経験が助けになるのかなと、勝手に思っています。私は、法学を専攻したものでないので、初めて講義を聞いた時には、日本語なのに意味が全然わからなくて苦労したことを思い出します。今は、大原の授業を受けれるときは複数何度も受講して少しでも理解しようと頑張っています。60歳定年までには、合格しできればと、目標に向かっています。確かに覚えることが多いですが、先生方の授業を良く聞きテキスト、トレ問を繰り返すことで、ある程度覚えているものです。あと一歩をちょっと努力すれば合格と信じて頑張って見てはどうでしょうか。合格していないがこうしてがばっている人がいると知れば、少しは励みになるのではないでしょうか。

やまねこ先生。はじめまして。昨年11月から社労士試験の勉強を開始しました(初学者です)。もう、300時間や350時間は勉強しているんですが、どうにも合格できる自信が出てきません。46歳で、記憶力の衰えを実感しつつテキスト、過去問題をやっています。こんな私でも、本当に合格できるんでしょうか?つい、もうちょっとハードルの低い試験(行政書士、AFPを取得済なので、宅建あたり)の合格を確実に狙おうかと、弱気になったりします。社労士試験の覚えることの多さにくじけそうになるんですね。どうぞ、よきアドバイスを個人メールに頂きたく存じます。先生のご見解への私の判断は、当然自己責任ですから、どうぞ遠慮なく自由に返信頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/47573163

この記事へのトラックバック一覧です: 共済組合の特例:

« 労働条件の明示 | トップページ | 傷病補償年金 »