« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

一時金の給付基礎日額

労災21-2
 給付基礎日額のうち、①年金給付の額の算定の基礎として用い
るもの、②療養開始後1年6か月を経過した日以後に支給事由が
生じた休業補償給付又は休業給付の額の算定の基礎として用いる
もの、③障害補償一時金若しくは障害一時金又は遺族補償一時金
若しくは遺族一時金の額の算定の基礎として用いるものについて
は、所定の年齢階層ごとの最高限度額及び最低限度額が設定され
ている。

■■解説■■

 給付基礎日額のところは、労災保険の中でも最も複雑な個所の
1つです。

 社労士試験で合格点を取るためのコツの1つに、

     難しい所にとらわれすぎない

というものがあります。

 まず、社労士試験は満点を取らなければならない試験ではあり
ません。択一なら7割(49点)取ればまず合格できます。というこ
とは、3割は間違えても良いのです。

 更に、社労士試験は全ての問題が配点が同じです。つまり「難
しい問題を解いても1点、簡単な問題を解いても1点」です。

 ならば、難しい所にひっかかっていつまでも考え過ぎてしまう
時間があるならば、その部分はそこそこにして、その時間を使っ
て他に押さえるべき個所を確実に押さえた方が、合格点を取るた
めには効率が良いことになります。

続きを読む "一時金の給付基礎日額" »

全国健康保険協会

健保21-2
 全国健康保険協会の理事長、理事及び監事は、厚生労働大臣が
任命し、当該協会の職員は理事長が任命する。

■■解説■■

 健康保険の保険者である全国健康保険協会(協会)からの出題
です。

続きを読む "全国健康保険協会" »

強制労働の禁止

労基21-1
 労働基準法第5条が禁止する労働者の意思に反する強制労働につ
いては、労働基準法上最も重い罰則が定められている。

■■解説■■

 特に労働基準法と厚生年金保険法に顕著ですが、平成20年から
の択一問題はそれ以前と比べて基本的な所を端的に訊く傾向に変わ
っています。

 特に労働基準法は、以前は問題文が極端に長文で、また通達等か
らの細かい問題も頻繁に出題されていたのですが、そのような問題
は、ここ2年、なりをひそめています。

 作問者がどこの何者なのかが公表されることになったことの影響
かと思われます。  

続きを読む "強制労働の禁止" »

第4種被保険者

厚年15-1
 第4種被保険者が中高齢者の特例により老齢基礎年金の受給資
格期間を満たすことになった場合には、厚生年金保険の被保険者
期間が20年に満たないときであっても、本人の意思にかかわり
なくその翌日に被保険者資格を喪失する。

■■解説■■

 第4種被保険者は、現在ほとんど(全く?)存在しないと言わ
れています。

 しかし、ここ何年かでは本試験ではパラパラと出題されていま
すので全く無視するわけにもいきません。

続きを読む "第4種被保険者" »

在日外国人

雇用21-1
 日本に在住する外国人が、いわゆる常用型の派遣労働者として
特定労働者派遣事業者である適用事業に週40時間雇用されてい
る場合には、外国公務員又は外国の失業補償制度の適用を受けて
いることが立証された者を除き、国籍(無国籍を含む)のいかん
を問わず被保険者となる。

■■解説■■

 早速、解説に行きます。あっ、その前に、雇用保険法は今年も
「また」いくつかの箇所が改正される予定です。

 昨年ほどの大きな改正ではありません。この通常国会の進行次
第で4月までに改正法が成立するかどうか、という現状です。

続きを読む "在日外国人" »

国民年金法の沿革

 初学者の方はまだ国民年金法を授業でやってませんので、参考
程度に見ておいてください。

 再受験者の方で「本試験以来社会保険科目は見ていない」とい
う方は、忘れていたことを思い出すきっかけにしてください。

続きを読む "国民年金法の沿革" »

業務上の疾病

予定通り過去問解説を始めていきます。

 受験経験者の方はもちろん、初学者の方も授業が進んできたら
「1日に複数科目pencil」の勉強を心掛けてください。

 例えば1時間勉強する時間が取れたら、50分はいま授業でや
っているメインの科目をやって、残り10分で前にやった科目を
少し見直してみる。

 いわば皿回しと同じで、1枚目の労基という皿を回したら、
2枚目の労一という皿を回しにかかる。労一という皿を回すこと
だけに専念していると、1枚目の労基という皿は力を失って下に
落ちてしまいます。労基という皿が落ちてしまう前に、そこに
戻ってまた労基という皿に回る力を与えてやらなければならない。

 これをどんどん続けていって、最終的に本試験日には、全科目
の皿が同時に回っている状態を作らなければいけないということ
です。

続きを読む "業務上の疾病" »

あけましておめでとうございます

 本試験まであと8か月。2010年がみなさんが虎のように
駆ける輝かしき1年になることを希望いたしますfuji

続きを読む "あけましておめでとうございます" »

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »