« 22年試験への法改正(4) | トップページ | 22年試験への法改正(5) »

年金実務の勉強をしませんか

 今日は、社労士試験既合格者の方へのお知らせです。

 今年より送付が始まった「ねんきん定期便」を、実際の年金
相談にどのように活用していったらよいか。

 その方法を、中日新聞の連載でもおなじみの高木隆司先生が
わかりやすく半日で教えてくれるセミナーが開催されます。

 「ねんきん定期便のことを周りから聞かれるけど、正直よく
わからない‥‥」とか「もっとよく知りたい」という方、ぜひ
ご参加ください。

----------------------------

 年金スキルアップ研修「ねんきん定期便を使いこなす!」

 ねんきん定期便は年金にかかわる情報のかたまりです。定期
便を読み解けば、老齢年金だけではなく障害年金や遺族年金の
相談にも対応できるはずです。

 今回の研修では定期便を徹底解剖し、年金業務への活かし方
を解説します。

日時  平成21年11月1日(日)

    13時30分より16時30分

会場  愛知県産業労働センター(旧中小企業センター)

    9階小会議室904

    http://www.ailac.jp/access/index.html

講師  社会保険労務士法人年金相談サービス代表

     高木隆司先生

内容  ・年代別3種類の定期便の相違点
     50歳未満と50歳以上の見込額は、ここが違う!

    ・定期便の事例を見る
     免除月数の端数切り上げ? 納付記録の*の意味は?
     共済の定期便?

    ・定期便応用編
     定期便から障害年金や遺族年金を計算する方法

受講料 6000円(当日受付にて支払)

申込  以下のウェブサイトより申込

    http://nenkin.happylife.ne.jp/seminar/2009/09/post-1.html   

    お申し込みの際は、「スキルアップ研修申込」の旨をご記入
    ください

締切  平成21年10月30日(金)

定員  35名

« 22年試験への法改正(4) | トップページ | 22年試験への法改正(5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/46342719

この記事へのトラックバック一覧です: 年金実務の勉強をしませんか:

« 22年試験への法改正(4) | トップページ | 22年試験への法改正(5) »