« 22年試験への法改正(3) | トップページ | 年金実務の勉強をしませんか »

22年試験への法改正(4)

 今日は、確定拠出年金法の改正です。

 なお、毎回書いていますが、現在の政治状況からして、これら
の改正事項の内容が来年の4月には変わった形になっている可能
性もありますので、ご注意ください。

-----------------------------

 この改正は、単純に数字の改正です。制度の仕組みが変わるわけ
ではありません。

 企業型年金の事業主掛金の額及び個人型年金加入者掛金の額の
拠出限度額が、引き上げられます。

-----------------------------

 【企業型年金】

 厚生年金基金等の加入員等である者

        改正前 月額23,000円

        改正後 月額25,500円

 上記以外の者

        改正前 月額46,000円

        改正後 月額51,000円

-----------------------------

 【個人型年金】

 第1号加入者

        改正なし(月額68,000円のまま)

 第2号加入者

        改正前 月額18,000円

        改正後 月額23,000円
 
-----------------------------

 施行は、平成22年1月1日が予定されています。
 
 では、また次回cat

« 22年試験への法改正(3) | トップページ | 年金実務の勉強をしませんか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/46280468

この記事へのトラックバック一覧です: 22年試験への法改正(4):

« 22年試験への法改正(3) | トップページ | 年金実務の勉強をしませんか »