« 本試験おつかれさまでした | トップページ | 21年本試験択一式について »

21年本試験選択式について

 今年の選択式試験について、私の思うところを書きます。

 danger これはあくまでも私catの個人的な考えです。「実際にどの科
   目が救済になるのか」等は結果発表の日まで誰にもわから
   ないわけですから、参考程度に聞いておいて頂ければと思
   います。

-----------------------------

 科目ごとに見ていきます。

[労基・安衛]

 今回の中では、最も3点が確保しにくい問題だと思います。

 その中でも、Aは確実に取れます。そして、Dも条文通りと言
えば条文通り。

 残るB、C、Eの中で、1個拾えればというところですが、

 Bは過去に択一で出題(直近では17年)されている「福島県
教組事件」判決です。ただし、択一で直接この形で訊かれたわ
けではないので、初見という方も多いと思います(私が労基の
授業中に配布した「判例まとめ」プリントには今回の文章が載っ
ています、一応)。

 Cも過去に出題された「ノースウェスト航空事件」判決ですが、
これもその時訊かれたのは今回の部分ではありません。

 Eはテキストには載っている条文ですが、多くの方が「毎月1
回」だけグリグリに塗って、それ以外の所なんか見ちゃいないと
いう部分かと思います。 

 A・Dで2点確保。B、C、Eを現場で考えてなんとか3点取
れるかな?といった感じです。

 2点救済の可能性もなくはないと、個人的には思います。
 
-----------------------------

[労災]

 平成19年改正点で平成20年に出題されなかったいわゆる
「積み残し」ということで、今年も要注意と授業の中でお話し
しました。

 AとEは確実に取って、勉強していればBかCも大丈夫でし
ょう。Dも他科目から想像するとできるかも。

 A・Eで2点確保。B・C等で3点確保はできると思います。

-----------------------------

[雇用]

 これはもう大丈夫ですよね。満点も十分狙える問題です。

 選択式・択一式含めて、雇用保険の今年の改正点はどうなっ
ちゃったんでしょう(笑)。ほとんどスルーされてしまいまし
た。あんなに一生懸命勉強したのに‥‥weep

 3点確保は全く問題なし。行け行け、満点。

-----------------------------

[労一]

 なぜ今、労働組合?。選挙が近いから、次の与党になりそうな
民○党に媚びてみたの?。と言いたくなります。

 ただ、出題自体は基本的なところです。

 A・Bについては実践された方もいらっしゃると思いますが、
最後の選択式の授業でお話した「あれ」が使えますね。

 どっちがどっちかわからないときは、同じものを塗る。

 AとBの、どちらかが「団体交渉」でどちらかが「団体行動」
まではあたりがつくと思います。確信が持てないときは、両方
同じ選択肢を塗っておけば確実に1点はゲットです。

 ただし、この文章は

      ( A )その他の( B )をする権利

となってますから、論理上Bの一部がA、つまりAの方がBよ
り小さい概念だということがわかりますので、Aが団体「交渉」
Bが団体「行動」となります(「交渉」というのは「行動」の
中の1つだから)。

 Cは普通に入れることができるでしょう。

 Dも少し迷うところかもしれませんが、「~行ふ行為‥‥対抗
する行為」と言っていますから、労働争議ではなく争議「行為」
が入るかと。

 Eは争議行為の代表例ですから、これは入るでしょう。

 C・Eは確実にゲット。A・Bで1点を確実に押さえておけば、
基準点3点クリアーは可能です。

-----------------------------

[社一]

 これはE以外は、どのテキストにも必ず載っている基本事項
です。

 Eは別にできなくても構わないとは思いますが、裁判所という
機関の「長」ですから「最高裁判所長官」かなと。

 3点確保は問題なく、満点も狙えると思います。

-----------------------------

[健保]

 これも択一では何回も出題されている所ですから、問題はない
と思います。

 満点取れる問題です。

-----------------------------

[厚年]

 これも健保と同じく択一では何回も出題されている所ですから、
問題ないと思われます(Cを除く)。

 C以外の4つは落とせない問題です。

-----------------------------

[国年]

 これも同じく択一ではよく訊かれている所です。

 A・Cは現場で考えても入れられると思いますし、D・E辺り
があやふやだった方も、なんとか3点は取れる問題だと思います。

 基準点3点クリアーは問題なく、しっかり勉強していれば満点
も十分狙えます。

-----------------------------

 私catの個人的な感想を書きました。冒頭でも書きましたが、これは
あくまでも私の個人的な考えです。「実際にどの科目が救済になる
のか」等は結果発表の日まで誰にもわからないわけですから、参考
程度に聞いておいて頂ければと思います。

 択一式は少し時間がかかると思いますが、また後日。

 引き続き、みなさんの「本試験に対する感想」をコメント欄で
お聞かせください。

« 本試験おつかれさまでした | トップページ | 21年本試験択一式について »

コメント

 まっちゃん さん

 選択式は残酷な試験形態だと思います。毎年何人もの高得点の方が
選択式1点足りなくて泣いています。
 まっちゃんさんがどの科目で1点足りないのかわかりませんが、まだ
救済の可能性が0となったわけではないのではないでしょうか。

今年は選択30択一57という結果でしたが、今年も昨年に続き選択式一科目で足切りとなってしまいました。

選択式には十分注意していたつもりでしたが、実力がありませんでした。

同じように勉強して、めでたく合格される方もいらっしゃるのに、自分は2年連続不合格という結果を省みると、勉強の仕方が間違っていたのかと自問自答してしまいます。

今年も先生の講座でまたお世話になることを決めました。9月13日開講の上級ロングコースを予定しています。

今年は講義が終わった後にでも、先生とお酒でも飲みながら、先生の社労士の仕事の話などをお聞かせいただければと思っています。

どうぞ今年もよろしくお願いします。


 みなさんの報告ありがとうございます。

 桑名の伊藤さん

 選択式試験の基準点という制度の理不尽さには、毎年多くの方が泣か
されています。なんとかならないものでしょうか。

 本当に何度も言いますが、救済科目や合格点については発表があるま
でわかりませんので、完全に決めつけてしまわない方がよいです。過去
にも「なんでこの科目を救済?」ってみんなが不思議に思った年があり
ましたから。

 お名前のない方

 選択足切りなくて、択一62点ならば、ほぼ間違いなく合格ですね。

 おめでとうございます。

 合格発表日頃にまたお知らせしますが、このブログに載せるための合格体験記の執筆をぜひお願いいたします。

 

選択38択一62でした
選択は基安は未見でしたし・労一はパズルでしたが大原の選択式トレーニングを回答を見ずに毎日10問解き右ページを翌日復習した結果確信を持って回答できました。
おおむね易しかったと思います。

去年選択33択一57労一2点で涙を飲みましたが無事リベンジできました。

選択は怖いと判っていましたので、対策を十分して臨みましたが、大原の試験で一度も2点取ったこと無いのに、本番で嵌ってしまいました。それも労基と労災2点。労基は予感ありましたが、労災は結果見て唖然。完敗です。後で労災のテキスト見たら番号に丸が付いていました。大原、IDEの過去問等でも、他校を含め模試でもこの論点には出くわしておらず完全に穴に嵌った感じです。選択総合点、択一合計点には問題なかっただけに寝れませんでした。労基は救済ある可能性ありと思いますが、労災でアウトで「1年やり直せ」は罰が重過ぎます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/46018138

この記事へのトラックバック一覧です: 21年本試験選択式について:

« 本試験おつかれさまでした | トップページ | 21年本試験択一式について »