« 本日の授業の訂正 | トップページ | 障害基礎年金の額 »

特別加入者に対する特別支給金

労災14-3
 特別支給金は、労働者に対する災害補償の企業内上積みとして
の経緯に由来するものであるので、特別加入者の業務災害及び通
勤災害に対しては、支給は行われない。

■■解説■■

 労災の特別加入者に関する問題です。

 特別加入者については、いわゆる普通の適用労働者と異なる扱
いをするところが何か所かありました。

-----------------------------

 ざっと見てみると、

one 通勤災害に関する保険給付は、一人親方の一部(個人タクシー
 など)にはなされません。

two 休業(補償)給付については、所得喪失の有無にかかわらず
 労務不能であれば支給されます。

three 二次健康診断等給付は支給されません。

four そして、本問の特別支給金です。
 
-----------------------------

 特別加入者には、特別支給金は支給されるのか?。

 これを考える上で気をつけなければならないのは、特別支給金
には2種類あるということです。

 定率・定額の特別支給金(特別支給一時金)と、

 特別給与を基礎とする特別支給金(ボーナス特別支給金)

 です。

 このうち、

 特別支給一時金は、特別加入者にも支給されます。

 しかし、

 ボーナス特別支給金は、特別加入者には支給されません。

 ですから、本問のように、2種類の特別支給金を一緒くたにして
「支給は行われない」と言ってしまうと×ということになります。

-----------------------------

 全く同じところを訊く過去問としては、こんな問題も出ています。

17-3
 特別支給金は、もともと事業主がその使用する労働者又はその
遺族に対して行う例が多かったいわゆる「上積み補償」に由来す
るものであるので、特別加入者には支給されない。

この問題の答え>×

-----------------------------
 
本問の答え>× 

« 本日の授業の訂正 | トップページ | 障害基礎年金の額 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/44687392

この記事へのトラックバック一覧です: 特別加入者に対する特別支給金:

« 本日の授業の訂正 | トップページ | 障害基礎年金の額 »