« 返還命令等 | トップページ | 有期労働契約基準 »

高齢任意加入被保険者

厚年20-2
 適用事業所に使用される70歳以上の者であって、老齢厚生年
金、老齢基礎年金等の受給権を有しないもの(厚生年金保険法の
規定により被保険者としないとされた者を除く)が、高齢任意加
入被保険者の資格を取得するためには、事業主の同意は必ずしも
要しないが、社会保険庁長官に申し出る必要がある。

■■解説■■

 高齢任意加入被保険者には、2パターンあります。

one 適用事業所に使用される70歳以上の者

two 適用事業所以外の事業所に使用される70歳以上の者

 です。

-----------------------------

 oneのパターンは、

 社会保険庁長官に申出 + 事業主の同意は不要

 twoのパターンは、

 社会保険庁長官の認可 + 事業主の同意が必要

 となります。

  「適用事業所」=「申出」、「適用事業所以外」=「認可」

と頭の中でリンクしておいてください。

[参考]このリンクは、任意単独被保険者でも使えます。任意単独
    被保険者は、「適用事業所以外」の事業所に使用される
    70歳未満の者ですから、社会保険庁長官の「認可」が必要
    です。

 こんな問題が出題されています。

17-6
 適用事業所に使用される70歳以上の障害給付を受けている者で
あって、その者が適用除外に該当しないときは、事業主の同意が得
られなくても社会保険庁長官の認可を得ることにより被保険者とな
ることができる。

この問題の答え>× 
 「適用事業所」とあるのに「申出」ではなく「認可」となっている。
これだけで×とわかります。
 障害給付云々という点は、知識がなくても解ける問題です。

----------------------------- 
 
 高齢任意加入被保険者については、他にもよく訊かれる論点が多く
ありますので、過去問の範囲は確実に押さえておきましょう。

-----------------------------

本問の答え>○ 
 

« 返還命令等 | トップページ | 有期労働契約基準 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/44005654

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢任意加入被保険者:

« 返還命令等 | トップページ | 有期労働契約基準 »