« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

合格者の方へお知らせ

 今日は、社労士試験受験生の方ではなく、このブログを読んで
くださっている合格者の方へお知らせです。

 以前にも何度かご紹介しました「すっきり年金講座」の平成21
年度の開講がいよいよ近づいてきましたhappy01

続きを読む "合格者の方へお知らせ" »

通勤の定義

労災14-1
 通勤が同時に業務の性質を有する場合においても、住居と就業の
場所との間を合理的な経路及び方法により往復するものである限り、
その往復行為による災害は、通勤災害として扱われる。

■■解説■■

 初めて社労士試験の勉強をする方は、労基→労災→雇用と「なん
だかわけがわからないままどんどん進んで行っているなあ」という
のが実感だと思います。

 一度にすべてわかる必要はありません。また、一度にすべてわか
る事は無理です。

 社労士試験の勉強は、ある1つの分野がわからないとそれ以後が
すべてわからなくなるということはありませんので、とにかく自分
のわかるところから押さえていってください。

 いま理解不能のところは、全科目一回りしてからまた戻ってきて
やればよいと思います。 

続きを読む "通勤の定義" »

被扶養者

健保13-10
 夫婦共働きで、妻の年収が夫の年収を下回る場合であっても、
彼らと同一世帯に属し生計を維持されている妻の母は、原則と
して、妻の被扶養者となる。

■■解説■■

 健康保険の被扶養者(扶養に入れる人)の問題です。

 まずは、被扶養者の範囲をチェック。

one 「主として生計維持」の関係だけあれば被扶養者になれる
   グループ

   被保険者の 直系尊属 配偶者 子 孫 弟妹
         (チョク・ハイ・シ・ソン・テイマイ)

two 「主として生計維持」だけでなく「同一世帯」まで満たさな
   いと被扶養者になれないグループ

  ① 上記1以外の3親等内の親族

  ② 事実婚の配偶者の父母及び子

  ③ 上記②の配偶者が亡くなった後のその父母及び子

 ただし、後期高齢者医療の被保険者等である者は、被扶養者にな
ることができません。

 後期高齢者医療制度とは、原則として75歳以上の人が加入する
独立した医療保険制度です。

 こちらで被保険者になっているじいちゃんばあちゃんは被扶養者
にはなれません、ということです。

続きを読む "被扶養者" »

使用者

労基19-1
 いわゆる在籍出向の出向労働者については、出向元及び出向先の
双方とそれぞれ労働契約関係があるので、出向元及び出向先に対し
ては、それぞれ労働契約関係が存する限度で労働基準法の適用があ
る。すなわち、出向元、出向先及び出向労働者三者間の取決めによ
って定められた権限と責任に応じて出向元の使用者又は出向先の使
用者が出向労働者について労働基準法における使用者としての責任
を負うものである。

■■解説■■

 早速解説です。

続きを読む "使用者" »

適用事業所(厚年)

厚年18-4
 常時5人以上の従業員を使用する法人でない個人事業所のうち、
物の製造、加工、選別、包装、修理又は解体の事業は適用事業所
となるが、旅館、料理店、飲食店等のサービス業は適用事業所と
はならない。

■■解説■■

 過去問解説を再開していきます。

 初学者の方は、まだ厚生年金を勉強していないと思います。そ
のような場合は、読み飛ばして頂いて構いません。

 今後、自分が勉強したことのある科目が出てきたら、読んでみて
くださいcat

続きを読む "適用事業所(厚年)" »

合格体験記(5)

 あけましておめでとうございますsun。本年がみなさまにとって
輝かしい一年であることを祈念いたしますscissors

 8日からブログを再開する予定でしたが、少し早めて本日よ
り再開いたします。昨年から続いている合格体験記シリーズの
続きです。
  
 今回の合格体験記は、ペンネーム「山のおてる」さん(女性・
41歳・団体職員)です。

続きを読む "合格体験記(5)" »

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »