« 不服申立て(厚年) | トップページ | 直前統計チェック(1) »

適用除外(労基)

労基13-1
 労働基準法は、家事使用人については適用されないが、個人の家
庭における家事を事業として請け負う者に雇われてその指揮命令の
下に当該家事を行う者は、家事使用人に該当しない。

■■解説■■

 労働基準法は、同居の親族のみを使用する事業及び家事使用人に
ついては、適用されません。

 このうち、本問では「家事使用人」について訊かれています。

-----------------------------

 なぜ、家事使用人に労働基準法が適用されないのでしょうか?。

 それは、家庭での家事労働というものが雇主(その家のご主人
あるいは奥さん)の私生活と非常に密着したものだからです。

 そのような労働形態をとる家事使用人に対して、がんじがらめ
に労働基準法を守らせていたら、いわば「仕事にならん」という
ことです。

----------------------------- 

 ここで押さえておく点は、以下の2つです。

one法人に雇われ、その役職員の家庭において、その家庭の指揮
 命令の下で家事一般に従事している者も「家事使用人」に該当
 する。

 会社で雇われて、その会社の社長の自宅で、社長の奥さんの指
示で家事労働をする家政婦さん。それがこの場合です。

 この人は「家事使用人」に該当します。つまり、この労働者は、
労働基準法の適用を受けません。

 それに対して、

two個人家庭における家事を事業として請け負う者に雇われて、
 その指揮命令の下にその事業を行う者は「家事使用人」に該当
 しない。

 ダス○ンに雇われ、ダ○キンの指示に基づいて、個人家庭に行
って家事労働をする人。それがこの場合です。

 この人は「家事使用人」に該当しません。つまり、この労働者
は、労働基準法の適用を受けます。

-----------------------------

 ここで少し横断run

 労働一般で出てくる労働契約法にはこんな規定があります。

労働契約法19条2項
 労働契約法は、使用者が同居の親族のみを使用する場合の労働契
約については、適用しない。

 こちらは、適用除外に「家事使用人」は挙げられていませんので
注意しましょうdanger

-----------------------------

 本問はtwoの場合です。

本問の答え>○

« 不服申立て(厚年) | トップページ | 直前統計チェック(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/42030023

この記事へのトラックバック一覧です: 適用除外(労基):

« 不服申立て(厚年) | トップページ | 直前統計チェック(1) »