« 保険料の負担(健保) | トップページ | 保険料(雇用) »

付加保険料

国年13-5
 第1号被保険者は、申出により、付加保険料を納付する者とな
ることができるが、国民年金基金の加入員は、付加保険料を納付
することはできない。

■■解説■■

 本試験まで約1か月です。

 今年のみなさんには、北京オリンピックは関係ありません(笑)。

 どうしても見たい方は、見たい競技だけ録画しておいて、後で
息抜きに見るようにしましょう。

 まかり間違っても、一日中ダラダラとテレビ観戦をすることのな
いようにtv

-----------------------------

 本問は、そのとおり○です。

 国民年金基金の加入員以外にも、付加保険料を納付する者にな
ることができない人達がいました。

one まず、保険料免除者です。

 本体の保険料をまるまるは納めていないのに、上乗せ給付につ
ながる付加保険料を納めるのはおかしい、ということです。

two 他には、特例による任意加入被保険者がいます。

 ここは、注意してください。

 任意加入被保険者のうち、65歳未満のいわゆる「本来の任意
加入被保険者」は付加保険料を納付する者となることができます。

 付加保険料を納付する者になることができないのは、あくまで
も「特例による任意加入被保険者」(65歳以上70歳未満)です。

 本来の任意加入被保険者は、いわゆる25年の要件は充たして
いるけど年金額を満額に近づけようということで任意加入してい
る人達もいますから、上乗せ給付につながる付加保険料を納める
ことも認めよう。

 でも、特例による任意加入被保険者は、この年齢になっても
25年の要件を充たしていない人達ですから、25年を充たし
てもらうのが先で、上乗せ給付につながる付加保険料を納める
ことは認めない。

 こういった趣旨でしょうか。

-----------------------------

本問の答え>○

« 保険料の負担(健保) | トップページ | 保険料(雇用) »

コメント

ご回答ありがとうございました。
名前を入れ忘れていました。
また、お邪魔します。

勉強しつつ”この場合はどうなるのだ?”的な考えが浮かんでしまい、脱線して調べまくったり非効率なことをしてしまいます。割と頭には残りますが・・・。
あと1ヶ月。やばっ。


 ご質問の件、政管健保ではできないです。

 あくまでも、組合が規約で定めた場合に例外的に認められる
ものです。

我々受験生に知恵と知識と勇気を与えていただき、感謝しております。付加保険料とは関係項目ですが、質問をさせてください。

介護保険保険料の納付についてです。政府は、政管健保の被保険者が介護保険2号被保険者でない場合で、当該被保険者に介護保険2号被保険者である被扶養者がある場合には政令で定める基準に従い、被保険者から介護保険料の負担を求める事が出来ますか?
H16-7の過去問の変形です。
ご教授ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/41886604

この記事へのトラックバック一覧です: 付加保険料:

« 保険料の負担(健保) | トップページ | 保険料(雇用) »