« 20歳前障害基礎年金の支給停止事由 | トップページ | 遺族厚生年金 »

教育訓練給付

雇用16-6
 過去に教育訓練給付金を受給したことがある者は、過去の受講終了
日以降の支給要件期間が3年以上にならなければ、新たに教育訓練給
付金を受給する資格を有しない。

■■解説■■

 今年は雇用保険法に大きな改正がありますので、法改正ポイントは
しっかり押さえておきましょう。

 本問で取り上げている教育訓練給付にも、いくつか法改正ポイント
があります。

-----------------------------

 しかし、本問で訊かれている点は、法改正とは直接関係していま
せん。

 法改正ポイントは押さえておかなければなりませんが、そこだけ
に眼が行ってしまってその他の基本事項が疎かになってはいけま
せん。

 当たり前のことですが、本試験では法改正ポイント以外の所から
も問題を作ってきますので、そういったところを落としているとせっ
かく法改正ポイントの問題ができても差引ゼロになってしまいます。

----------------------------- 

 本問は「支給要件期間3年」要件のカウントの仕方が問われて
います。

 つまり、過去に教育訓練給付を使ったことがある人は、次に、
どこから数えて3年経てばまた教育訓練給付を使えるのかという
ことです。

 *ちなみに教育訓練給付は、要件さえ満たせば生涯で何度でも
  使うことができます(択一問題13年6番B参照)

 これは、基準日(受講開始日)からカウントします。

 つまり、簡単に言うと、前に使っていた教育訓練給付の対象講
座の受講開始日から3年以上経つと、また教育訓練給付が使える
ようになるということです。

-----------------------------

 「受講終了日」ではなく、「受講開始日」以降3年以上です。

本問の答え>× 

« 20歳前障害基礎年金の支給停止事由 | トップページ | 遺族厚生年金 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/41436281

この記事へのトラックバック一覧です: 教育訓練給付:

« 20歳前障害基礎年金の支給停止事由 | トップページ | 遺族厚生年金 »