« 合格体験記(再13) | トップページ | 障害厚生年金の併給の調整 »

日雇労働被保険者

雇用18-1
 1週間の期間を定めて雇用される者は、日雇労働被保険者とな
ることはない。

■■解説■■

 今日から過去問解説を復活していきます。

 だいたい月・木の週2回更新できれば、と思っていますcat

 これから本試験までは、

1、毎日必ず勉強

2、毎日複数科目勉強

 を実践していってください。

-----------------------------

 1は、机に向かって正式に(?)勉強できない日であっても、
通勤電車の中・夜寝る前など、とにかく社労士試験に全く触れ
ない日を作らないという意味です。

 最初は「毎日最低5分勉強する」。これでいいです。

 5分勉強してみて、眠くなった日はそのまま寝ちゃってくだ
さいsleepy

 「本当にこんなのでいいの?」って思われるかもしれません
が、「5分勉強する」目標で始めた勉強が、気づいたら10分
、20分経っていたとなっていることが多いのです。

 最初から「1時間やろう」と考えるとうんざりして全く本も
開かないかもしれませんが、「5分でいい」と言われると、毎
日ちょっとやってみる気になりませんか?。

-----------------------------

 2は、社労士試験の宿命である「忘却との戦い」対策です。

 みなさん、自分だけが特別アホだから一度覚えたこともどん
どん忘れてしまうって思っていませんか?。

 心配いりません。みんな同じ悩みを抱えながら勉強を続けて
います。

 では、忘れないためにはどうするか?。

 これは「繰り返す」しかありません。忘れては覚え、また忘
れては覚え、これを何度も何度も繰り返していくうちに頭に残
ってくるのです。

 この味気ない作業を淡々と繰り返すことができるか、これが
いわば試験に合格できるかどうかの運命の分かれ道です。

 忘れることを恐れないでください。忘れたらまた覚えればい
いのです。

 みなさんが試験に合格するために必要なことは、今年の8月
24日、この1日だけ覚えていればいい
のですmemo

 今はその準備をしている段階ですから、いま忘れても問題あ
りません。

 ただ、試験日には全科目一通り頭に入っていなければいけま
せんので、これからは1日1科目だけ勉強するのではなく、毎
日複数科目に触れるようにしてください。

 これは自分の中で、繰り返しをする回数を増やすためです。

 そのために、このブログを活用してみましょう。

 このブログは、毎回毎回科目が変わります。いま自分がメイ
ンで勉強している以外の科目に当たった時に、「ああ、そうい
えばこんなのあったなあ‥‥」って、不安であればテキストの
その部分を見直していただくといいと思います。

-----------------------------

 さて、解説です。

 日雇です。日雇については、法律によって定義が違いますので
要注意です。

 特に、試験対策で押さえておくべきは、「雇用保険の日雇」と
「健康保険の日雇」の定義の違いです。

 雇用保険では、日雇労働者とは、

 日々雇用される者

 又は

 30日以内の期間を定めて雇用される者

 とされています。

 健康保険では、2月以内の期間を定めて使用される者、などなど
も出てきます(詳細は、健保のテキストを各自確認しておいてくだ
さい)。
 
-----------------------------

 もう一つ注意しておくのは、

 日雇労働者=日雇労働被保険者

 ではないということです。

 あくまでも、日雇労働者の定義に当てはまる者のうち、更に
雇用保険法に定められている一定の要件を充たした者だけが、
日雇労働被保険者になります。
  
-----------------------------

 設問の者は「30日以内の期間を定めて雇用される者」に含まれ
ますから、日雇労働被保険者になることができます。

本問の答え>× 

« 合格体験記(再13) | トップページ | 障害厚生年金の併給の調整 »

コメント

 麻衣子さん

 コメントありがとうございます。

 独学で頑張っていらっしゃるんですね。ただ、普段は独学
でも、今の時期の「法改正」と「白書まとめ」だけは資格学
校の単発講座を利用した方が、勉強の効率がいいと思います
よ。お金は若干かかりますが、自分でそれをやる労力と時間
を考えたら、費用対効果は大きなものがあります。
 資格学校を上手に使っていきましょう。

 選択足切りはショックですよね。特に、自分より択一の点
数が低いのに合格している人達がいると考えると、それだけ
で悔しさ倍増です。
 選択式は「運」という部分が大きい試験形式です。ただ
「運が悪かった」だけで片付けていては、何の進歩もないの
も事実です。試験日まで不安を完全に解消することはできな
いでしょうが、自分のできることを精一杯しておけば結果は
ついてくると思います。

 これからもご愛読よろしく。
 
 

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。社労士試験独学挑戦中の麻衣子です。昨年度の試験は、択一式は高得点だったにもかかわらず、選択式「社一」で2点しか取れなかったという、たったそれだけのことで落ちました。昨年度は本当に全身全霊をかけて努力したので、結果を知ったあとは、ショックでしばらく動けなくなるくらいでした。もうあきらめようかと思いましたが、やはり一度はじめたことはやめたくないですし、今までの努力を無駄にしないためにも、今年こその合格を目指しています。やまねこさんがおっしゃるとおり、忘却との戦いですが、毎日孤独な戦いを、自分なりの信念を持ってがんばっています。このブログはそんな私の気力の支えです。これからも時々、お邪魔させていただきたいと考えています。よろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/41226547

この記事へのトラックバック一覧です: 日雇労働被保険者:

« 合格体験記(再13) | トップページ | 障害厚生年金の併給の調整 »