« 合格体験記(再3) | トップページ | 合格体験記(再5) »

合格体験記(再4)

今回の合格体験記は、ペンネーム山犬さん(会社員・33才・
男性)です。

* 受験回数

  1回

* 学習方法

  通学(資格の大原)

* 使用教材

  大原テキスト・択一過去問題集・選択問題集
  TAC選択問題集

* 学習時間

  昨年11月~6月までは、1日平均3時間+通学(週1回)5時間
  7月~試験日前日までは、1日平均8時間 

* 学習方法

  授業の予習は全くせず、受講後自宅でテキストを復習。理解出来
  ない場合は講師に質問。
  1科目を受講後+復習を終えてから過去問題集に取り掛かり、8
  科目全て終了してからは、択一は過去問題集を選択は市販の問題
  集を手当たり次第やりました。

* 失敗した学習方法

 1、初回だったので、どこまで理解しなければならないかわからず、
   理解しなくてもよい事を授業の都度毎回先生に質問していまし
   た。まず、その事に気が付くのに時間が掛かりました
      
 2、7月以降は昼夜が逆転してしまい、結局試験日前日も眠らずに
   迎えました。
   やはり択一で注意力が散漫になりケアレスミスが出てしまいま
   した。問題文を読むのも辛くタイムロスがかなり出ました。
   体力に自信があっても、前日はゆっくり休んで試験に臨むのが
   良かったと思います

 3、1科目毎にやっていたので、8科目目が終わった頃には時間が
   空いてしまい、一番最初にやった科目を解こうとしても忘れて
   いる事が多く、再度テキストから見直すといった事も大きなロ
   スになってしまったのではないかと思います        
   
* やっておいて良かった事
 
  TACの選択模試
  試験当日の各専門学校予想問題

* 合格を振り返って

  受けた模試は全てボーダー以下で、最後の模試でようやく択一
  のみボーダーが取れましたが(選択は×)、とにかく過去問を
  解き試験日までには択一に関しては何とかなるだろうというと
  ころまでもってこれましたが、依然として選択は不安でした。

  試験当日、先生の教え通り各種学校の予想問題を片っ端から解
  いていき選択に臨みました。

  結局、予想問題及びTACでの模試に類似問題があり不安だっ
  た選択がクリアする事が出来ました。

  自分の中では選択の足きりさえクリアできる点数が取れれば合
  格出来るという自信があったので、択一を受験する前に浮かれ
  ていましたが、やはりそんなに甘くはありませんでした。

  自分は労働一般が弱く雇用と国年がどの模試でも比較的出来て
  いたのですが、労働一般に関していえば、案の定見た事もない
  問題で、自信を持てる答えが無く、足きりを間逃れるための社
  会一般も2問しか自信を持てる答えがありませんでした。

  また総合点をカバーするための雇用・国年が悩む問題が多く、
  試験終了時は、駄目だったと完全に諦めてしまっていました。
  帰りの地下鉄の中、呆然としていた事を今でも覚えています。

  夜中、駄目だろうとは思いましたが、採点をしてみました。
  自分で思ったよりは出来ており、選択に関しては勿論の事です
  が、諦めていた択一もマークミスがなければ45点あり、合格
  点がいくつになるかわからないけど、『もしかしたら合格でき
  るのでは?』との望みが出て来ました。

  それからの3ヶ月は本当に長い日々になりました。                   

* その他  

  大原の解答速報会に参加した際、ボーダーは択一が46点位に
  なりそうだと聞いた時、私は自己採点が45点で選択・択一は
  共に足きりが無かったのでこの時点ではまだ合否は何とも判ら
  ず、とにかく択一のボーダーが45点以下になる事を願ってま
  した。

  セミナー終了後、何人かの方が講師に質問をしていました。多
  かったのが択一は50点以上(中には60点以上の人もいたと
  思います)の方の選択の科目の救済に関しての質問でした。

  その時は、『凄いなぁ50・60点越えてれば、選択も例年通
  り救済があるのだろうから大丈分でしょ』と思っていましたが、
  結果はギリギリの私が合格して、あの人達は落ちてしまったの
  ですね・・・。

  謙遜とかそういう事では無く、正直私よりもずっと勉強してい
  たであろう人が選択問題1点のために落とされてしまうなんて
  何とも複雑です。

  私は試験の後日もう一度問題を読み直しましたが、この一年で
  勉強した事を全て覚えていたとしても、やはり47点位までし
  か取れなかったのだろうと思います。

  択一の社会一般・労働一般に関して言えば、本来、足きりにな
  っていてもおかしくありませんでした。事実、労働一般の3点
  はどの問題もほとんど根拠が無く選んだもので、上手くは言え
  ませんが、例えて言うなら模試や練習問題でスープの種類を聞
  く問題をやった事があったので、問題文に玉ねぎとか人参の事
  が書いてあるならこれなのでは?といった感じで選んだ物がた
  またま当たっていたのです。
   

[参考]本試験結果

【選択式】
  労基・安衛4点、労災4点、雇用5点、労一3点、社一4点、
  健保5点、厚年5点、国年3点
  総得点33点

【択一式】
  労基・安衛7点、労災8点、雇用5点、一般常識6点、健保8点、
  厚年5点、国年5点
  総得点44点    

« 合格体験記(再3) | トップページ | 合格体験記(再5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/41053014

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(再4):

« 合格体験記(再3) | トップページ | 合格体験記(再5) »