« 合格体験記(再12) | トップページ | 日雇労働被保険者 »

合格体験記(再13)

 連休中から始めてきた合格体験記のご紹介も、今日が最後です。

 合格への道のりは、人それぞれです。

 ブログを読んでいるみなさんが、共感できるもの、自分でもでき
そうだなと思ったものがあれば、ぜひ自分の勉強に取り入れてみ
てください。

 最後になりましたが、合格体験記を書いてくださった合格者の
方々にこの場を借りて厚くお礼申し上げます。

 そして、これを読んでいるみなさんが、11月にはご自分の合格
体験記を書いてくださることを心より希望いたします。

合格体験記シリーズの最後を飾るのは、ペンネーム「Y田」さん
(社会保険労務士事務所勤務・26歳・女性・受験回数3回)です。

*学習方法

 1年目  ほとんど試験を受けただけというかんじです
 2年目  通学(大原)
 3年目  独学

*使用教材

 基本書  真島のわかる社労士

 問題集  真島のわかる社労士「過去問」
      条文順・過去問題集(IDE社労士塾)

 その他  真島のわかる社労士「横断式学習法」
      法改正講座(IDE社労士塾)←おすすめです
      一般常識・白書対策講座(IDE社労士塾)←おすすめです

 模 試  中間模試(IDE社労士塾)
      3回すべて(TAC)←おすすめです
      最後の模試(大原)

*学習時間と勉強方法

【学習時間】

 3月頃までは   2時間/1日
 4~7月までは  4~5時間/1日
 8月は      8時間/1日

【勉強方法】

 1年目 受験のみ

 2年目 通学(大原)
 
 ・授業の予習・復習以外では、択一式・選択式共に大原の教材で勉強。

 ・4月頃から過去問(真島のわかる社労士)を使っていました。

 ・模試も大原以外ではTACを受けましたが、復習はあまりできていな
  かったと思います。

 3年目 独学

 ・選択も択一も問題練習。

 ・模試の問題は必ず解けるようにする(時間的に受けた模試すべてを完璧
  にはできなかったので、いい問題が多かったと思った模試だけは完璧に
  していました)。

 ・時期にあった学習計画をたてる。

  11月~6月中旬までは基礎づくりの時期として・・・
  新しいテキストになれるためにテキストの通読や、テキストの説明不足
 を補うための書き込み、法改正部分の書き込み。
  過去問のやりなおしをして、理解が不十分な箇所や苦手な部分を勉強し
 なおす。

  6月下旬~7月末まではレベルアップの時期として・・・
  模試の復習
  (この時、特に意識していたことは模試を完璧に出来るようにする事と、
   1教科(10問)を30分で解くようにして本試験での時間配分の練
   習をしていました)  
  選択式対策として、語群を隠して答えを導き出す練習をしていました。

  8月は頭のレベルを本試験に合わせる時期として・・・
  過去問をもう一度やり直しと、基礎づくりの時期に使っていたテキスト
 をもう一度やる。暗記科目の暗記。テキストの通読。
 (この時、特に意識していたことは、新しい問題はやらない事。本試験と
  模試等では、問題の出し方が違ってくる部分があるので、本試験の問題
  を思い出すために、もう一度過去問をやっていた。また、この時期に新
  しい問題に手をつけると自信がなくなるので、7月よりレベルを下げる
  ことで、自信をもって試験を受けられるようにすること)

*失敗した勉強方法  
  
  私は、選択式の問題で問題を読んだ瞬間にわからないと思ったら、すぐ
 に下の語群を見ていました。

  わからない問題が出たときに、整理の出来てない頭で語群をみると、言
 葉を5つのグループに分けることに必死になって、問題が何を聞いている
 のかのピントがぼけてしまいました。

  問題を読んだ瞬間にわからないと思うと、焦って語群を見てしまうんで
 すが、まず 何度も問題を読んで自分の言葉で空欄を埋めてみると、頭の
 整理がついて「この問題が何を聞いているか」のピントが絞れてくるので、
 語群に頼らないで穴埋めをする練習がおすすめです。

*合格を振り返って

  私は一年前、選択式が1点足らず不合格となってしまい、正直、自分で
 落ちた理由がわかりませんでした。
  なので、過去問の一問一答を、もう一度丁寧にやって、理解の不十分な
 所を探してしっかり理解するようにして、落ちる要因を減らす勉強を心が
 けました。

  この勉強方法をして、一年前、社労士試験に落ちたときに落ちたのは運
 が悪かっただけとしか考えられなかった不合格理由が、明確になりました。
  丁寧に勉強していくと、いままで気づかなかった不得意分野が見えてき
 たり、わかったつもりだったところが見えてきてました。

  地道な勉強方法ですが、過去問を全部やり終わった時に、こんなにもわ
 かっていないところがあったんだなぁと感じた事と、1年前の自分より成長
 したなぁという自信も持てました。

  一年前、落ちた理由は、知識が足りなかった事もありますが、それ以上に
 自分の答えに自信がもてなかった事が大きかった気がします。

  だから、本試験には一年間頑張った自分に自信をもって欲しいと思います。

(参考)今年の本試験の点数

 選択 労基・安衛5、労災3、雇用5、労一5、社一4、健保5、厚年5、
    国年5 合計37点

 択一 労基・安衛9、労災10、雇用7、一般常識7、健保9、厚年6、
    国年8 合計56点

« 合格体験記(再12) | トップページ | 日雇労働被保険者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/41162648

この記事へのトラックバック一覧です: 合格体験記(再13):

« 合格体験記(再12) | トップページ | 日雇労働被保険者 »