« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

合格体験記(再3)

 今回の合格体験記は、ペンネーム「子猫」さん(男性・60歳)
です。

* 受験回数・動機

  定年をあと1年となった59歳の平成18年に第1回の試験を
  受け、定年を迎えた今年第2回目の試験で合格することができ
  ました。

  女性の多い職場の銀行に勤務した関係で、男性ですが性差別問
  題を中心に労働運動にかかわってきました。

  定年後の生きがいを探していたところ、社会保険労務士の資格
  を取れば役にたつことができるのではないかと勉強を始めました。

続きを読む "合格体験記(再3)" »

合格体験記(再2)

 合格体験記お二人目の今日は、ペンネーム「だめねこ会員」さん
(自営業・39歳・男性)です。

* 受験回数 

  3回

* 学習方法

 1年目 通学(大原) 入門完全合格コース
 2年目 通学(大原) 上級コース
 3年目 通学(LEC)実力完成講座・実力総合Aコース

続きを読む "合格体験記(再2)" »

合格体験記(再1)

 連休中は、いつもの過去問解説をお休みして、日替わりで、
以前掲載した合格体験記を再び載せていきます。

 勉強が進んできた今になって、改めて読み返してみると、
実感を持って読むこともできるかなと思います。

 昨年合格された方達が、これから直前期に向けてどんな
勉強をしていったのか。今後のみなさんの勉強法の参考に
なれば幸いです。

続きを読む "合格体験記(再1)" »

事後重症の障害基礎年金

国年15-6
 障害認定日には該当する障害の状態にない者が、70歳に達す
る日の前日までに該当する障害の状態に該当したときは、請求す
ることによって、いわゆる事後重症による障害基礎年金が支給さ
れる。

■■解説■■

 授業を受けてみたけど、年金がいまひとつよくわからない方に
おススメの本をご紹介します。

「年金がアッという間にわかる本(11訂版)」
                  
(真島伸一郎著・住宅新報社)

 この本の良いところは、普通の受験参考書とちょっと違う視点
から書かれている点です。

 ですから、「色々と参考書を読んでみたけど、なんかみんな同
じことが書いてあるだけで全然疑問が解消しない」という方は一
度この本を手にとってパラパラと見てみてください。

 「なんだ。そういう話だったのか」って感じるところが、きっとある
はずです。

 大きな本屋の社労士受験コーナーには、ほとんど置いてあります。 

続きを読む "事後重症の障害基礎年金" »

二次健康診断等給付

労災15-3
 二次健康診断等給付は、労災保険法第29条第1項の社会復
帰促進等事業として設置された病院若しくは診療所又は都道府
県労働局長が療養の給付を行う病院若しくは診療所として指定
した病院若しくは診療所において行う。

■■解説■■

 二次健康診断等給付を実施するための「指定」と、療養の給
付(労災の治療)を行う「指定」は別物です。

 これがこの問題の要所ですflair

続きを読む "二次健康診断等給付" »

療養費

健保17-8(法改正補正済)
 交通事故等のやむを得ない理由により保険診療を行わない医療
機関で診療を受けた場合の療養費の額は、当該療養に要した費用
の額から一部負担金の額を控除した額及び食事療養又は生活療養
に要する費用から食事療養標準負担額又は生活療養標準負担額を
控除した額で統一されている。

■■解説■■

 療養費の問題で、よくヒッカケが作られる箇所です。注意しま
しょうdanger

続きを読む "療養費" »

割増賃金

労基19-3
 始業時刻が午前8時、終業時刻が午後5時、休憩時間が正午
から午後1時までの事業場において、残業を行い、翌日の法定
休日の午前2時まで勤務したとき、午後5時から午後10時ま
では通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上
の割増賃金、午後10時から翌日の午前2時までは6割以上の
割増賃金を支払わなければならない。

■■解説■■

 今年の社労士試験本試験の日程が決まりました。

 8月24日(日)です。愛知県の試験会場は、地下鉄鶴舞線
塩釜口駅すぐの名城大学です。

 詳細は、「全国社会保険労務士会連合会試験センター」の
ウェブサイトをご覧ください。

 出願期限は5月31日までとなっていますので、出願を忘れ
ないようにしましょうpostoffice

続きを読む "割増賃金" »

特別支給の老齢厚生年金

厚年13-9
 報酬比例部分の年金額の計算に用いる被保険者期間には、生年
月日に応じた上限がある。

■■解説■■

 厚生年金は、社労士試験の中でも難しい問題が頻繁に出題され
る科目ですbearing

 本試験の厚生年金で8点以上を取ろうと思ったら、旧法の仕組
みも含めてかなり詰めて勉強しないといけません。

 しかし、みなさんの目的は、限られた時間の中で本試験に合格
することにありますから、厚生年金ばかりに時間をかけているわ
けにもいきません。

 他にも勉強しなければいけないことは山のようにありますwave

続きを読む "特別支給の老齢厚生年金" »

傷病手当(雇用)

雇用15-6
 傷病手当は、受給資格者が離職後、疾病又は負傷のために公
共職業安定所に出頭して求職の申込をすることができない場合
に、その者により生計を維持されている同居の親族の請求に基
づき支給される。

■■解説■■

 求職者給付の1つ。傷病手当に関する問題です。

 傷病手当の要件を、もう一度思い出してみましょうdownwardleft

1、受給資格者であること(つまり一般被保険者だった人が対象)

2、求職の申込を終えていること

3、継続して15日以上疾病又は負傷のため職業に就くことが
  できないこと

 これは大丈夫ですか?flair

続きを読む "傷病手当(雇用)" »

支給の繰下げ(国年)

国年14-3、15-8、17-4
 特別支給の老齢厚生年金の支給を受けていた者は、老齢基礎
年金の支給繰下げの申出をすることができない。

■■解説■■

 同じところを訊く問題が、14年、15年、17年と立て続けに出題
されています。

 更に、19年には厚生年金からも同じような問題が出題されてい
ます。

厚年19-3
 60歳台前半の老齢厚生年金の受給権者であった者は、老齢
厚生年金の支給繰下げの申出を行うことはできない。

この問題の答え>×

続きを読む "支給の繰下げ(国年)" »

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »