« 傷病補償年金 | トップページ | 受給期間の延長 »

老齢基礎年金の支給額

国年18-9
 学生等の納付特例を受けた期間又は30歳未満の若年者の保険
料納付猶予を受けた期間は、老齢基礎年金及び寡婦年金の年金
額の算定対象から除外される。

■■解説■■

 まず前提として、国民年金法の条文で「学生納付特例の期間」
としか書いていないところでも、それは「若年者納付猶予制度の
期間」を含みます。

 「若年者納付猶予制度」は約10年間の時限措置とされてい
るので、条文でいちいち書かず「学生納付特例の期間」と同じ
に扱いますよということが、他で別に規定されているのです。

 あまりここは深く考えないでも大丈夫です。

-----------------------------

 老齢基礎年金の部分では、学生納付特例の期間を含むとする
ところと、含まないとするところが出てきますので要注意です。

 まず、支給要件を見てみると、

1、保険料納付済期間又は保険料免除期間を有すること(1か月
以上あること)

 ここでいう保険料免除期間には、学生納付特例の期間は含みま
せん

 それに対して、

2、保険料納付済期間と保険料免除期間で25年以上必要

 ここでいう保険料免除期間には、学生納付特例の期間が含まれ
ます

 
-----------------------------

 そして本問ですが、老齢基礎年金の年金額について、

 学生納付特例の期間は含みません

 つまり、追納がされない限り、学生納付特例の期間は年金額の
計算の上では0
です。

 その他の法定免除・申請免除期間は、何分の1かで計算してく
れますが、学生納付特例の期間は0です。

 ここは、過去問がたくさんあります。

13-8
 学生等として保険料の納付特例の承認を受けた期間については、
追納を行わない限り、老齢基礎年金及び寡婦年金の年金額を算定
する上で、保険料の納付がなかった期間とされる。

この問題の答え>○

15-3
 老齢基礎年金の年金額及び年金額計算において、保険料全額免
除期間には、学生納付特例期間を含まない。

この問題の答え>○

15-8
 老齢基礎年金について、学生の保険料の納付特例により納付す
ることを要しないとされた期間は、年金の受給資格期間としては
算入されるが、年金額の算出にあたっては算入されない。

この問題の答え>○

-----------------------------

 再出題の可能性は十分ありますので、しっかりおさえておきま
しょう。

本問の答え>○

« 傷病補償年金 | トップページ | 受給期間の延長 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/40449459

この記事へのトラックバック一覧です: 老齢基礎年金の支給額:

« 傷病補償年金 | トップページ | 受給期間の延長 »